ロック日記

今年こそは、両想い! と意気込むアラサー♀の日記です
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

LINE

資料室で吉瀬さんと会った。




『携帯、慣れました??』と聞くと

「うん、だいぶネ」
と吉瀬さん。



携帯カバーを買ったらしく、それを見せてくれた。



「いっぱい種類があって、30分くらい迷ったよ~・笑」


カバーのデザインは、予想外のものだった。


“吉瀬さんが選びそうにないデザイン”だった。



『なんか、意外でビックリしました!』
って言った。


「自分でも思うよ!」と笑っていた。




りんごのマークを活かした可愛らしいデザイン。

吉瀬さんは“シンプルなカバーがいい!”ってよく言っていたけど、全然シンプルじゃない。


けど、不思議なことに吉瀬さんが持つとそのデザインがシンプルですごくオシャレに感じる。

それを選んだ吉瀬さんが可愛いな~って思った。








携帯の話をしながら、吉瀬さんと資料室を出るとちょうど同期と会った。



三人で少し立ち話。



『LINEってやっぱりメールと違いますか?』と聞くと


「後から見返した時、会話の流れが分かるのがいいかな~」と吉瀬さん。


同期は
[よくLINEでやり取りしてるよ~]と言う。





ますます早く携帯替えたくなった。






[“このLINEでの会話って、電話帳に入ってる他の人にも見られるん?”って吉瀬さん聞いてくるし・笑]と同期。


吉瀬さんは笑っていた。





二人のやり取りが
『羨ましい!』って思った。






吉瀬さんとLINEでの会話、絶対楽しいやろうな。



想像しただけで分かる。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

増える

「多分最後のメールです。」





朝起きたら、吉瀬さんからメールが来ていて、文頭にそう書かれていた。





『最後?!』






数秒、意味が分からなかった。


(吉瀬さんのメールを寝起きに読んだら、理解出来ないことがよくある。。)


そして、思い出した。

「次の休み、携帯買いに行ってくる」
と吉瀬さんが言っていたことを。



“最後”ってビックリした。







昼過ぎからお気に入りのショッピングモールへ行った。




そこは吉瀬さんもよく行っている場所。



そのショッピングモールの中にある文房具屋でレターセットや色えんぴつを見ていた。






レターセットは
吉瀬さんに本を貸す時とかに添えたいから。






色えんぴつは
吉瀬さんへのノートに新しい色を加えたいから。







吉瀬さんからメールが来た。


「スマホにしましたよ」




半年前くらいから“スマホにしたい”って吉瀬さんは言っていたから私まで嬉しくなった。



『ついに替えたのですね!』
と返した。




「ロックが最初の返信メールでしたよ!」
と吉瀬さん。




“最初”って言葉に感動した。

朝は“最後”にビックリしたけど。。



その後、本屋で立ち読みした。


「操作が全然分かりません!」と吉瀬さんからメールが入った。







『慣れれば大丈夫でしょう!
吉瀬さん、今、家ですか?』
と返した。







そのショッピングモールから近い場所にいたら、会いたいなぁって思った。






(もし、家にいるのなら諦めようと思った。)






返事は暫く来ず。






“今、家?”とか聞くんじゃなかったかなぁ。。



気持ち悪かったかなぁ。





なんて後悔していたら、メールが来た。







「今、○○です。
今から帰りますよ。」
って書いてあった。






その○○は、まさに私がいたショッピングモールだった。











すぐに電話した。




『吉瀬さん、○○にいるんですか?!
私も今○○にいますよ!』




「ホントに?!」






『どこらへんにいますか?』







広いショッピングモールだし、吉瀬さんのいるとこを聞いてすぐに行こうと思い、電話しながら本屋を出た。













「今、本屋の前らへんにいるよ!」









『え!?』









「あ、ロックいた!!」





そして、ピカピカの携帯を持った吉瀬さんと会った。



数十分前まで、文房具屋で吉瀬さんのことばかり考えていて、まさか会えるなんて思っていなかった。




吉瀬さんは携帯を買った後、このショッピングモールに来たようだ。
そして、お茶しながら新しい携帯をいじっていたらしい。





『少しでも話せません?』





「うん、いいよ!」






『やったー(^O^)』







そして、ショッピングモール内のカフェへ入った。







夢かと思った。




夢でもいいと思った。


とにかく目の前に大好きな吉瀬さんがいることが信じられなかった。





座って、しばらくしてから気付いたけど、
吉瀬さんは私が昨年、渡したブレスレットをしていた。



私と会う日はよく付けてくれていて、それは私に気を遣って付けてくれていると思っていた。

だから私と会う予定がない日でも付けてくれていることに感激した。




そして
「あ、そうそう。
ロックにプレゼントあるねん」と言って、小さな紙袋をくれた。



マニキュアだった。



「前に□□さんからオススメされたマニキュアやねん。」


□□さんは吉瀬さんの友達。

すごく爪が綺麗な人らしく、吉瀬さんがマニキュアを塗るようになったのは、その人の影響って以前言っていた。





「どんなのか気になって、さっき買ってみたよ!」
と吉瀬さん。




『ありがとうございます!
いいんですか?!』




「いいよ!
私も一緒の買ったし!
どんな感じかなぁ~」




これまで、透明ばかりで、違う色が欲しいと思っていたから嬉しかった。。






・・・・・




そのマニキュアは、透明に近い薄いピンク色。

一度塗りでも十分ツヤが出る。


吉瀬さんとお揃いの色。



自分の爪を見ていると、嬉しさが込み上げてきた。








ちなみに
私が買った色えんぴつ。





上から

Marigold(←なぜかマンゴーオレンジと読んでいた。。)

Gold

LuminousGreen(←オシャレな名前。)




いろんな色の中からピンとくる物を選んだ。




吉瀬さんのおかげで、“色えんぴつを選ぶという楽しみ”を見つけることが出来た。


まだまだ欲しい色は沢山ある。



これからも少しずつ増やしていきたい。












晩に吉瀬さんからメールが来た。


「LINE難しい…」




私はLINEをしたことないから何とも言えない。




けど、私がスマホにしてLINEをする時は吉瀬さんに教えてもらいたいな~って思う。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

あなた専用

資料室に行くと吉瀬さんがいた。



いつ誰が来るか分からないけど、二人だけの空間はやっぱり嬉しい。





昨日、着うたをダウンロードした。


普段は音無しでバイブのみにしている。


けど、昨日なんとなく
“あの曲を吉瀬さん専用にしたいな”って思い、ダウンロード。


・・・・



吉瀬さんに
『この曲聴いて下さい!』って言って、聴いてもらった。



聴いた後、吉瀬さんは
「おぉ~~」と言って笑った。


吉瀬さんも好きな曲だから。


『吉瀬さんからのメールはこれが鳴るようにしたので!
これ聴いたらテンション上がるんです!
だからメールいっぱい下さいネ!』

って言った。


吉瀬さんは

「うん!わかった!
けど、メールの時って数秒しか鳴らないのじゃないん??笑」


『まぁ、10秒くらいですかね』


「みじかっ!!!笑」


吉瀬さんが笑ってくれて、嬉しかった。



そして、吉瀬さんは先に資料室を出た。




私は
“同期と一緒に○日にチョコ買いに行くこと、吉瀬さんは何も言わなかったな~”ってふと思った。


すると15秒後くらいに吉瀬さんがまた資料室に来た。


「ロックって○日、予定あるん??」
って聞いてきた。


『ありますよ~!
□□に行くんです』



「あー!前に言ってたね!
それ○日やったんやー!」


『そうですよ~!
本当は△日やったんですが、休日出勤になったりして結局○日になったんです。』


「そかそか~・笑」


そして、吉瀬さんは資料室を出て行った。



結局“チョコ買いに行く”って言葉は吉瀬さんから出なかったけど
もし“○日あいてます”って答えたら、誘ってくれるような流れだったので、嬉しかった。






これで吉瀬さんと同期が二人で休日に会ってチョコを買いに行くことも前ほどは気にならない。




たとえ断るカタチになったとしても
“誘ってもらえる”って有り難いなぁって思った。


実際に誘われた訳じゃないけど
f^_^;







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



晩に2通、吉瀬さんからメールが来た。


好きな曲が鳴るとやっぱり感動する。



早く読みたい気持ちともっと聴きたい気持ちが混ざり合う感じがまた良い
(^O^)

ズキズキ

昨日、廊下で同期にあった。


「バレンタインのチョコ、買いに行く役になったわ~」

と同期が言った。




※部署によるけど、男性社員に渡すバレンタインのチョコを女性の誰かが代表して買いに行く感じになっている。




同期のいる部署は、同期が買いに行くようだ。



「ロックのとこ(部署)は今年はどうするん?」



『まだ、その話出てないわ~。』



「吉瀬さんも買いに行く役みたいやで。
もう日にちもそんなに無いから○日に一緒に行ってくるわ~。」



『○日?!』


○日は私も休みだけど、すでに予定ありだった。



『私がチョコ買いに行く役になっても、○日は行けへんわ~。o(><)o』




「そっか~」





・・・・・




いいなぁ~。




吉瀬さんとチョコ買いに行けて。




羨ましいなぁ。



私も行きたい。。。



胸がズキズキした。




やっぱり私は吉瀬さんが好きなんやなぁ。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

わかる

今日、吉瀬さんにノートを渡せた。



前回のノートを渡した時、吉瀬さんに“私の好きは恋愛感情の好き”だと伝えた。


その時の吉瀬さんの反応を見て
『もうノートは止めた方がいいな』って思った。





それから一週間くらいは書かず。




けど、ノートを書くことが、趣味みたいになっていたから、その一週間は何か物足りない感じがした。




我慢できなくなり
『渡すか分からないけど、とりあえず書こう』ってことで、また書き始めた。






いつもノートには“好き”という言葉をいっぱい書いている。


なのに、今回のノートには書いていない。






“好き”という言葉が吉瀬さんの負担になって欲しくないから。





『吉瀬さんと話せて嬉しかった』
とか
『吉瀬さんに会えてテンション上がった』
とかは書いた。




あと
『吉瀬さんの好きなところは○○なところ、☆☆なところ、□□なとこ・・・・です』
は書いた。




“好き”って言葉使ってるなぁ~

f^_^;



ただ
『吉瀬さんのことが大好きです』
みたいに直接的なことは書いていない。








吉瀬さんから晩にメールが来た。





ノートはゆっくり読みますね~
(*^_^*)




って最後に書かれていた。





(*^_^*)


この顔は嬉しい・・・・。


これまでも、この言葉&顔文字が使われていたことがある。

けど、今回は格別に嬉しかった・・・。






渡せて良かった。

って心から思った。










次のノートはもっと
想いを込めて書こう!!









私の想いを受け入れてもらえなくても
ノートを受け取ってもらえることがどれだけ幸せか今は分かるから。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

それよりも

休みの日に

「今から○○に行ってきまーす」

と吉瀬さんからメールが来る。





私も一緒に行きたいな~。
なんて思いながらも

『一緒に行っていいですか?』
って送る勇気もなくて

たとえそんなメールを送っても、断られたらショックだし

断る吉瀬さんの方も気を遣うと思うし・・・・



『行ってらっしゃい
(^O^)』

と返信する。




誘ってもらえる・もらえないよりも

大好きな吉瀬さんから“行ってきます”メールが来ることに
もっと喜びを感じられる心を持ちたい。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

感化される

今度、吉瀬さんと同期の三人で舞台を観に行く。



年末に『当たるといいな~』くらいの軽い気持ちで申し込んだら、見事に当選した。



数日前、吉瀬さんに
「チケットいくらやった?先に払っとくわ~」って言われた。



『まだチケットが手元にないし、値段覚えていないので届いてからでいいですよ~』って答えた。



・・・・・



今日、廊下で吉瀬さんと会った時に
「チケット代、持ってきたよ!」って言われた。



『え!?
値段分かりました?!』



「たぶん○千円くらいやろ?違ったらまた言って!」
と言って、吉瀬さんは小さい封筒をポケットから出した。



その封筒には
“吉瀬さんへ”という文字が書かれていた。



『え?!
それって・・・・!』




少し前に、本と一緒に渡した吉瀬さん宛ての小さい手紙の封筒だった。



『それって、私が渡した封筒じゃないですか~!笑』



「ちょうど良いサイズやったから!笑」




『お金は金額がハッキリ分かったら言うので、まだいいですよ!笑』




「了解!(^O^)」




吉瀬さんは封筒をポケットに戻した。







吉瀬さんに貸した本は
旅のエッセイ。



「読んだら、旅行したくなった!!!
☆☆に行きたいなぁ~」

と吉瀬さん。



☆☆は、その本に書かれていた場所。




感化されている吉瀬さんが可愛く思えた。




「ネットで調べたら、いろんなプラン出てきたよ!!」




今年の夏
吉瀬さんと同期で旅行できるかもしれない。





今年はまだ始まってばかりだけど、
吉瀬さんのおかげできっと楽しい年になる気がする。


そして、今年も私は吉瀬さんに感化されまくると思う。


私にとっては嬉しいことだ。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

絶対に

数日前、マラソンの大会があった。



練習不足なのは分かっていたから、走るの止めようかなって考えていた。



前日の朝に吉瀬さんからメールが来た。


「今からジム行ってきます!
明日マラソン頑張ってね!」




吉瀬さんは最近、ジムに通い始めた。




そのメールを読み、
『私もマラソンを頑張ろう!』って思った。




・・・・・


翌日

マラソンはなんとか完走出来た。



帰りに
『明日は確実に筋肉痛です!』
って送ったら



「私は胸筋が痛いよ~」って入った。











胸筋?!







ベンチプレス?!











これしか思い浮かばなくて、吉瀬さんに聞いてみた。









さすがにそれはしてないけど…

( ̄∀ ̄)


とすぐに返信が来た。






昨日、職場で会った時に聞いてみたら








こっちだった。














「今から鍛えていたら、私もマラソンできるかな?」と言ったので



『次は一緒に走りましょう』
と返すと


「頑張って鍛えるわ!」

と吉瀬さんは答える。







吉瀬さんと、買い物に行ったり、食事に行ったりも楽しいけど、いつか一緒に走りたいな~
って思う。



絶対に楽しいと思う。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

買い物

『今から買い物に行ってきます!
また報告しますね!』

吉瀬さんに↑メールして、家を出た。


バーゲン中&連休初日だからか、人が多い!!!

(@_@)


なかなか欲しい物が見つからない!!


吉瀬さんと一緒なら、人が多くても気にならないのに、一人だととても寂しく感じる。



しばらく見ても、ピンと来る物に出会えないから、帰ろうとした。




ふと携帯を見たら

着信1件。


知らない番号。




掛け直したら、仕事関係の人だった。



3分くらい話したけど、緊張した~~。


電話を切ると同時に、メールが届いた。





「買い物どうだった?」


吉瀬さんだった。



まだ、さっきの電話での緊張が私の中に残っていて
思わず、吉瀬さんに電話した。


「どうしたん?」


『さっき、○○さんから電話あって、かけ直したんですが、めっちゃ緊張しました~。』


「そっかー!笑」











その後、少しだけ話して電話を切った。






元気を取り戻した私は再び、いろんな店を見に行った。




そして、ちょうど欲しかったアイテムを見付けて、買った。








アイテムを買えたことも嬉しかったけど
吉瀬さんの声が聞けたことの方が嬉しかった。


会えたらもっと嬉しかったけど、そんな贅沢は言えなかった。










欲しいアイテムを買えたことをメールしたら

「お~!いいな~(^O^)」

と返事が来た。





そのメールで十分幸せを感じた。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

想いが溢れたら

「久しぶりにヒトカラに行ってきます!」


残業をしていたら吉瀬さんからメールが入った。





私は
『私も早く終わらせてヒトカラ行きます!』
って返した。




イルミネーションの日以来、ゆっくり話せていなかったから、話せたらいいなぁ~って思った。




そのメールから1時間後くらいに仕事が終わり、カラオケ店に向かった。



数曲歌って、気になるのはやっぱり吉瀬さんのこと。


ヒトカラだから、あんまり邪魔はしたくないけど、やっぱり話したいなぁ~って思った。



『ヒトカラ終わったら、少しでも話せませんか?
話したいです(´Д`)』

ってメールした。



するとすぐに返事が来た。



ドキドキしながら開いた






「オッケー」





やったーーー!

\(^O^)/




そして、そのメールから30分後くらいに吉瀬さんと会えた。






年末に行ったライブで初めて聴いて好きになった曲がある。

※今日のタイトルはその曲のサビの一部




『“☆☆”歌いましたよ!』


って言ったら



「あ、私も歌ったよ!笑」
と吉瀬さん。

なんか嬉しかったなぁ。







職場で来月いっぱいで辞める人がいる。
その人の話になった時に
私が

『吉瀬さんは私より先に辞めないで下さいね!!
吉瀬さんが一日休むだけで本当に寂しいんですから』

って言った。



すると、吉瀬さんは

「そんなん私もロックがいなくなったら寂しいよ!」
と言った。






吉瀬さんの言葉に、特に深い意味なんてないのは分かっている。

だけど、それでもやっぱり嬉しかった。





その言葉が嬉しくて、その後どんな話をしたのかあんまり覚えていないけど
とにかく吉瀬さんとの時間は心地好かった。








にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

そうでありたい

今日、吉瀬さんと会えたのは一度だけで、1分くらいしか話せなかった。


けど、それだけで満足だった。




年末に会えたことと、年始に行ったイルミネーションで今は私の心が満たされているから。


たとえ職場で少ししか会えなくても、大丈夫。




まぁ、これも時間が経つと
また『吉瀬さん不足』状態になると思うけど。





年末に会った時、吉瀬さんに
『来年、□□に行きましょうよ~!』
って誘った。


※そこは新幹線で行くような遠いところ。





吉瀬さんは、普通に
「いいよ!」
って言ってくれた。



けど、続けて
「○○(同期)も誘ってみよっか!」
って。。


(@_@)


『そ、そうですね!!
また声掛けてみますね!!!』
って答えた。



いつもならしばらく凹むけど、
その時の私はテンションが上がっていたから、たいして気にならなかった。



その日は吉瀬さんは私の地元まで来てくれた。



「何時くらいに行ったらいい?ロックに合わせるよ」

『14時半くらいでどうですか?』


「了解!」


そして
待ち合わせ時間の少し前に「◇◇付近にいます」とメールが来る。


急いで行く。


吉瀬さんの私服姿はやっぱり好き。



「たこ焼き食べない?」


会って二言目くらいで吉瀬さんが言った。


『たこ焼き?!
いいですね~!笑』




その後の吉瀬さんとの時間は
年末の仕事疲れが全て吹っ飛ぶくらい笑った。



何であんなに笑ったのか分からないけど、やっぱり吉瀬さんがいてくれるだけで、いいんだと思う。

何を食べても美味しいし、どこへ行っても楽しい。





それは前から分かっていたことだけど、年末にまた実感した。





今年もそうでありたいなぁと思う。






もちろん、吉瀬さんにも楽しんでもらいたい!って思う。



私だけがそうであっても意味がないから。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

年末の出来事

年末の忘れられない出来事。



・・・・




昨年の年末、銀行へ行った。

お年玉用の新札へ両替するために。



ものすごい人だった。




私の受付番号は290番で
15人待ちくらいだった。


5分程待ったけど、番号が全然前に進まないので
近くの本屋に行った。



少しの間、本屋で時間を潰し、『そろそろかな』って頃に銀行に戻ると
受付番号は300番の人まで進んでいた。

w(゚o゚)w



『うわっ!番号が過ぎちゃってる!!』




本屋に行ったことを後悔した。





まぁ、しょうがない!

って思って、また番号札を取ろうとした。



すると、メッチャ気のきつそうな銀行員の女の人が
「どうしました?」って聞いてきた。



『あ、番号終わってたので、また取ります』って答えた。



銀行員さんは
「ちょっとお待ち下さいね!」
って言って、窓口に行った。



銀行員さんは窓口の人に何かを指示して戻ってきて、「もう呼ばれますからね」って言った。



そして、銀行員さんの言った通り、300番の次に『290番』が呼ばれた。




気のキツそうな銀行員さんが「どうぞ!」って言って、窓口までを案内してくれようとした。




私は『ありがとうございます』と言って窓口に行こうとしたら、
301番の札を持った女の人が間違えて窓口に行った。




銀行員さんが
301番に「少々お待ち下さい。」って言った。


301番「は?次は私でしょ?!」


銀行員さん「こちらのお客様(私のこと)が先ですので」


301番「何その態度!!忙しいか知らないけど、その態度はおかしいでしょ!」


銀行員さん「そんなことありません。少々お待ち下さい!」



301番「あんた、なんなのよ!!」



銀行内に二人の声が響いてた。




私が本屋に行ったせいで
銀行員さんは罵声を浴びせられて、申し訳なかった。





銀行を出る時、その銀行員さんに
『先程はありがとうございました!!』って言った。



銀行員さんは
「お待たせしてすいませんでした!」って申し訳なさそうな笑顔で言った。




なんともいえない気持ちになった。





その銀行員さんに悪いことをしてしまったなぁ
という思いもあったけど、その思いの周りをすごく温かい気持ちが包んでいた感じだった。





“一人ひとりのお客様を大切にしています”
ということが、その銀行員さんから伝わった。




言葉ではなくて態度で。



とにかく感動した。





私もいつか そんな風に誰かを感動させられるような人になりたいと思った。









吉瀬さんに、その話をしたら

「そんな人もいるんやね~」
って言ってくれた。






私の話をいつも
ふんふん、と聞いてくれる吉瀬さん。




それがまた嬉しかった。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

イルミネーション

昨日、吉瀬さん&同期と会った。



目的地に着くまでの会話で吉瀬さんが同期に言った。


「結局、(昨年の)30日の○○さん達との約束なくなってん」

同期は
[えーっ!!
あんなに前から言っていたのに!]
って驚いていた。


吉瀬さんは
「朝起きて準備しようとしてたら、キャンセルの連絡が入って。」って言った。


同期[当日の朝とか、テンション下がるし!!]



吉瀬さん「まぁね。。」


私は特に何も言わなかった。


吉瀬さんが私と会っていたことを同期に言うのか言わないのかも分からなかったし。



すると、同期が
[30日、キャンセルになったなら、私らを誘ってくれたら良かったのに!]って言った。



吉瀬さんは、アハハッと軽く笑っていた。



結局、そこでその話題は終わったけど、
30日のキャンセルが当日の朝だったとは初めて聞いた。



だけど、そのおかげで私は吉瀬さんに会えたのやから、キャンセルに感謝しないとなって思った。











そして、これを観に行った。






ものすごい人だったけど、綺麗なイルミネーションにテンション上がった。




出口の手前で

「次は好きな人と観においでよ」

と吉瀬さんが突然、同期に言った。


同期がその後、何て返したのかは覚えていないけど、びっくりしていた。


吉瀬さんはあまりそういうことを言わない人だから。




ただ、私が吉瀬さんにその言葉を言われたら、ショックだったやろうなと思った。









私は大好きな吉瀬さんと観れたから、満足している。




それが吉瀬さんにも伝わっていたら嬉しい。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



新年早々、吉瀬さんに会えて『やっぱり好きだな』
と再確認できた。




とりあえず後ろは振り返らないで前に進もうと思う。


スペース

明けましておめでとうございます
(^O^)/


今年も宜しくお願いします。





☆☆☆☆☆☆☆



12月30日、吉瀬さんと話している時に話題が「片付け」になった。



吉瀬さんは
“すぐ捨てる”派だった。

逆に私は
“捨てられない”派。



『これ要らないかな~』って思っても、
『いつか必要になるかもしれない!』って気持ちが強くて、結局捨てない。


だから、物がどんどん増えていく。




吉瀬さんから
「どんな物があるの?」って聞かれた。


『えーっと・・・。』



私自身、何が多いのか分からない。


ただ“物が多い”のだけは確か。



そして、考えたら
“これを見たら、思い出す”系の物が多いことが分かった。


吉瀬さんは
「昔の物はほとんど捨てている。
本当に大切なことは心に残ってるからいいねん」
と言った。



吉瀬さんの前向きな性格は掃除や片付けの仕方にも現れているなぁ~って思った。


吉瀬さんと話していたら
『掃除がしたい!要らない物を捨てたい!』
って気持ちが強くなっていった。



そして、大晦日。


ひたすら片付けた。


要る物・要らない物を考えながら。


途中から、捨てることが楽しくなってきた。





『人生でこんなに物を捨てたことがない』って思うくらい捨てた。







結果

ゴミ袋6個半の“要らない物”が出来た。

(所要時間:5時間)



どれだけ要らない物に囲まれていたのやろう。。






物がなくなると、そこにスペースが出来る。


そのスペースが嬉しかった。



そして気持ちがスッキリした。




きっと、吉瀬さんからの言葉がなければ、捨てなかった物ばかり。




15年前の給料明細とか出てきた。



これまで『初めて社会人として貰った給料の明細やし』ってなんか捨てられなかったけど、
捨てたら捨てたでスッキリ!!





物が捨てられない私は過去にとらわれ過ぎていたのかもしれない。





片付け後は、今までにない爽快感みたいなのを味わえた。










掃除後、吉瀬さんにメールした。





『“25年前”の給料明細捨てました』って間違えて送ってしまった。










「25年前やったら8歳やん!!」ってすぐツッコミのメールが来た。

f^_^;












あいたスペースには
吉瀬さんと、これから作る思い出の品で埋めていきたい。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


皆様にとって素敵な1年になりますように!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。