ロック日記

今年こそは、両想い! と意気込むアラサー♀の日記です
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

12月30日

[吉瀬さん、12月30日の夜、あいてたらご飯行きましょうよ!]

ちょうど1か月前、お茶している時、同期が吉瀬さんに聞いていた。


吉瀬さんは
「ごめん!
30日は○○さん達と約束してるわぁ」
と言った。


(○○さん達→吉瀬さんの地元の友達ら)


それを聞いて、私はショックを受けていた。

昨年の12月30日は吉瀬さんと食事に行った。


私の中では
『今年もご飯に行きたいなぁ~』って密かに思っていたから。


まさか1か月も前から予定が入るとは思っていなかった。

諦めるしかなかった。




・・・・・


吉瀬さんは28日が仕事納めだった。

(私は29日が仕事納め)


29日の朝

「仕事頑張ってね!
また来年に会いましょう!」
ってメールが来た。



メール自体は嬉しかった。



だけど“また来年に”
って言葉がすごく悲しかった。


今年はもう吉瀬さんに会えないし、今日は仕事だし。。。


結構辛かった。


だけど、しょうがない。






29日。

今年最後の出勤日は
今年で一番忙しい日だった。



仕事の合間に吉瀬さんから貰った栄養ドリンクを飲んだ。


美味しかった!!


※お菓子のラムネの味がした





ようやく仕事が終わった時には日付は30日になっていた。



『今、終わりました!
明日は良い休日を過ごして下さいね!』
と吉瀬さんにメールした。







家に着いて、風呂入って爆睡した。






ふと、目が覚めた時、何時か分からなくて携帯を開いた。





昼過ぎくらいかな~
って思っていたけど、意外に10時過ぎだった。




布団の中は暖かい。

出たくない。

まだ眠い。

今日は午前中に済ませたい用事があったけど
『やっぱり午後にしようかな~』
って思った。



携帯を眺めながら、ボーっと考えていた。





すると、携帯画面に
【メール受信中】
の文字が並んだ。



吉瀬さんからだった。



「ロックおはよう!
昨日は遅くまでお疲れ様!」


いつもの吉瀬さんの文面。


上↑の文章の次は

“今日はゆっくり過ごしてね~”

って思っていた。


そんな文章を私の中で予想していた。



なのに違った。



最初、意味が分からなかった。



3回くらい読み直して

やっと頭に入った。





そして、飛び起きた。







「ロック、疲れていると思うけど、今日あいてたらお茶かご飯出来ない?

○○さん達との食事、中止になって・・・

決して無理はしないでね!」


吉瀬さんからのメールの続きは、こう↑だった。






それから、
用事を済ませて、吉瀬さんと会うことが出来た。






お茶して、買い物して、晩ご飯を食べた。




「ロック、疲れてない?」
って何回も気遣かってくれる吉瀬さん。



久しぶりにいっぱい話した。



夢のような時間だった。






晩ご飯は、吉瀬さんのお気に入りの店。

ちょうど1年前に行った店。

まさか2年連続で行けるなんて思わなかった。



「昨日もロック遅くまで大変やったね~。
夜、テレビ観ながら、『終わりました』ってメールが来ないなぁ~って思っててん。」

と吉瀬さん。



嬉しい言葉を頂けた。




やっぱり休みの日でも私のことを少しでも思い出してもらえるのは嬉しい。








今年も、もうすぐ終わる。


終わるのは寂しいけど、新しい年が始まるのはワクワクする。







来年の年末も、また吉瀬さんと過ごしたい。



その為に出来ることを
私なりに頑張ろうと思う。






にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



今年1年
このブログを読んで頂きありがとうございます
(^O^)

来年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

年末

数年前から
年末は1年の中で1番好きな時期だった。


“1年間お疲れ様でした”っていう雰囲気が好き。


バタバタするけど、なんか好きだった。






だけど、今年はちょっと違う。


私の中の最上級のバタバタ加減。


たとえ廊下とかで吉瀬さんと会っても、全く話す余裕がないくらいのバタバタ。


ストレスが溜まる。

仕事のストレスと、吉瀬さんと話せないストレス。



クリスマスがいつの間にか終わっていた。



当日残業していたら
「外は寒いから気をつけて帰ってね~」
と吉瀬さんからメールが来た。


私にとっては、そのメールがまさにクリスマスプレゼント。




クリスマスが終わり、一気にバタバタモードが加速した。



もはや、吉瀬さんから来たメールを返すことさえ出来ないくらいの疲労度。




今年の年末を経験して
“もう年末はキライや!”ってなるだろうなと思っていた。













昨日、出勤してすぐ、駐輪場で吉瀬さんに偶然会った。

嬉しかった。


「あ、ロック!これこれ。」
と言って、吉瀬さんは鞄から取り出した。










「これ飲んで、元気になって!」と言ってくれた吉瀬さん。



すごく嬉しかった。


勿体なくて昨日は飲めなかった。


今日、飲もうと思う。













やっぱり年末は好き。



そして、吉瀬さんも大好き。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

適当

「明日、これお願いします」

と上司に頼まれた仕事が私にとっては、すごく苦手なことだった。



『明日いややなぁ~』って思うと、なかなか眠れず。


・・・・・




翌日
『吉瀬さんに会わないかな~』
って思っていたら、会えた!!




『吉瀬さーん!!
ちょっと、聞いて下さい!』
と言って、続けて、頼まれた仕事のことを話した。



『私、本当に苦手で。。』


吉瀬さんは
「私やったら・・・」
と、吉瀬さんならどうするかを言ってくれた。


『そんなやり方があるんですね!
それでやってみます!!』


「うん」




・・・・


吉瀬さんのおかげで、どうにか苦手な仕事を終えれた。




その後、また会えたから、お礼を言った。


『吉瀬さんが教えてくれたから、出来ました!
昨日の夜とか嫌すぎて眠れなかったんです。』



「どんだけ嫌なん!!笑」
って笑う吉瀬さん。



『吉瀬さんって、私が分からないこと聞いたら、何でもすぐ答えてくれますね!』



「いつも適当やで~」

とサラッ言う吉瀬さん。





吉瀬さんの“適当”は

“いいかげん”の意味ではなく
“ぴったり当てはまる”の方だ。






私はいつも吉瀬さんに頼ってばかり。



何か問題が発生したら
吉瀬さんに聞いてもらうだけで、問題が解決したような気持ちになる。



私にとっては大問題でも
吉瀬さんに「そんなん気にしたらアカン」と言われたら、ちっぽけな問題になる。



吉瀬さんは私のマイナスをいつもプラスに変えてくれる。



すごい人だなぁ

って今、ブログ書いていて改めて思った。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

私の解釈

嬉しいことがあったら、
ブログに書きたくなる。



ってことで、ここ2日間で私の身に起こった嬉しいことを書こうと思う!


もちろん吉瀬さん関連。
(^O^)




まず、一つ目!

昨日の出来事!!



吉瀬さんが後輩&他の部署の男と行く予定だった飲み会が中止になった!!!!

\(^O^)/



どうやら、予定していた日にその男の部署が急遽、忘年会をすることになったらしい。


やったー!!!



吉瀬さんは
「今回の飲み会って勢いで決まった感じやし、多分もうないやろ」
ってサラッと言っていた。


かなり嬉しかった!!




そして、もう一つの嬉しい出来事。






今日、吉瀬さんは仕事が早く終わっていた。



私は少しだけ残業したけど、いつもよりは早く帰れた。



家に帰ると同時くらいに吉瀬さんからメールが来た。

「まだ仕事中ですか?

突然だけど、○日あいてない?

返事はいつでもいいからね~!」



○日は仕事が休みの日。



『あいてますよ!』

って返した。



すると

「晩ご飯食べに行きたいな~って突然思って…!


と吉瀬さん。



“突然”ってところがなんか吉瀬さんらしい。



そのメールの文章には、続きがあった。



その続きの言葉が何よりもテンション上がった。



その続きの言葉は









「ロックが行けるなら、□□(同期)も誘おうかと思って!」





これって、

もし私が都合が悪くて断ったとしても“吉瀬さんと同期が二人で食事に行くことにはならない”という意味かなって。



私が参加することが前提の食事なのかなって。。。




私の解釈は間違っているかもしれないし、
ただ単に吉瀬さんは“三人が良い”ってだけかもしれないけど、
これまでにはない感じの言葉だったからすごく嬉しかった。












今年も残り少なくなってきた。




また嬉しい記事を書けたらいいなぁ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

放った言葉

先月に吉瀬さんと行ったライブには、複数のアーティストが出演していた。


知らない曲もいっぱいあったけど、ライブで聴いたら『良い曲やなぁ~』ってのばかりだった。


覚えている限り、レンタルした。

吉瀬さんには車で聴いてもらえるようにMDに録音して渡した。





・・・・



先日、車内で話している時に、小さい音量でそれが流れていて嬉しかった。

一人、感動していた。






話している時、私は本当に楽しんでいたけど、一方で
『吉瀬さん、この私と二人で話している状況、嫌じゃないかなぁ…』って思っている自分がいた。


『“早く帰りたい”とかって思ってないかなぁ…』って。



実際のところは吉瀬さんにしか分からないけど。









ライブの日

“こわい”って言った吉瀬さん。


その言葉が常に私の中にある。


思い出す度に
なんともいえない気持ちになる。










だけど、それ以上に
『恋愛感情』っていう私の放った言葉が吉瀬さんを苦しめていないか心配だ。










にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

あたたかい

昨日、吉瀬さん&同期に廊下で会った。

少し話して

「今日、ヒトカラ行こう!!」

ってことになった。


※ヒトカラ→1人カラオケ


だいたいヒトカラ行く時は
仕事が終わった人から、行って、
「○号室にいるよ」って言い合う。


それぞれの部屋で歌って、飽きてきたら、誰かの部屋に行って話す
ってパターンが多い。


最初から最後まで合流せずに自分の部屋で歌うって時もあるけど。




偶然にも吉瀬さんと同時に仕事が終わった。


吉瀬さんの車でカラオケ店に向かった。



吉瀬さんと一緒に終われるなんて貴重やし、ヒトカラよりもどこかでお茶したいな~って内心思ったけど、言えなかった。


少しだけ歌って、吉瀬さんの部屋に行こう!
って思っていた。




カラオケ店に到着。




ヒトカラだから一人ずつ受け付けしないといけない。



『吉瀬さん、先にどーぞ!』

って言った。



吉瀬さんは


「同じ部屋にしよっか!」

と言った。




『え!?
あ、はい!』



ビックリした。



だけど驚き以上に嬉しさでいっぱいだった。




部屋ではずっと話していた。




約30分後に同期が合流した。



そして1時間半くらい話した。



そろそろ帰ろっか
ってなり、同期は「少し歌って帰る!」とカラオケ店に残った。



私は再び、吉瀬さんの車に乗り、職場の駐輪場まで送ってもらった。




私はまだまだ吉瀬さんと話し足りなかった。



だから、職場に着く直前くらいから吉瀬さんが興味ありそうな話題をいっぱいふった。



職場に着いて、車がとまって、更に会話がとまっても吉瀬さんは
「じゃあ、また明日!」とは言わなかった。



だから私はシートベルトを外さずに話題を探し、話を続けた。



久しぶりの吉瀬さんの車の助手席は本当にずっと座っていたくなる。



吉瀬さんもいろいろ話してくれて、気付けば2時間近く経っていた。



職場以外でこんなにゆっくり話せたのは10日ぶりくらいだと思う。


ずっと『話したい』って思っていたから、本当に嬉しくて、気持ちがスッキリした。


仕事のモヤモヤや、イライラがサッパリ解消されたし、吉瀬さんとなかなか話せないことの悲しい気持ちがなくなった。



『これで、しばらくは寂しさを感じないだろう!』って思えるくらい、心は吉瀬さんに満たされた。





帰りがだいぶ遅くなったけど、今朝はスッキリ起きることが出来て、仕事もスムーズに進んだ。



やっぱり吉瀬さんパワーはすごい!!



今日、帰ってからメールした。

『昨日のおかげで今日は良い日になりました』
みたいな内容の。



吉瀬さんからの返事には
「私も今日はスッキリした気持ちで仕事に行けましたよ!」

って書かれていた。



昨日も今日も風が冷たくて本当に寒い。


だけど心はポカポカしている。


吉瀬さんの優しさと温かさが私の心を包んでくれている気がするから。









にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

負けてない

昨日、用事があって吉瀬さんの部署に行った。



吉瀬さんには用事はなかったけど、ちょっと話し掛けに行こうかな~って思っていた。



ふと吉瀬さんの方を見たら、吉瀬さんの席の横に例の(今度飲みに行く)男の人が立っていて、吉瀬さんに対して笑いながら何か話していた。


私は
『私が話したいのにー!』って思いながら、ちらちら見ていた。



男は楽しそうに、得意げに何か話している。
(内容は聞こえない)

吉瀬さんの席の周りの人はその話に対して笑っている。



だけど、吉瀬さんは全然笑わず、体も視線もパソコンに向かっている。(何かを打ち込んいる)


まるで
「今、忙しいから話掛けないで」って感じの態度。



その態度を見て、内心喜ぶ私がいた。





もし、吉瀬さんも楽しそうに話していたら、テンション下がっていたと思うから。





私はそのまま自分の席に戻った。





『これまで吉瀬さんの席に話し掛けに行って、吉瀬さんにあんな態度取られたことない!』

ってまたテンション上がった。








あの男には負けてない!


はず。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

雨の帰り道

昨日、吉瀬さんが帰ってから、1時間後くらいに仕事が終わった。


何人かが
「雨が降ってる~~」
って言っていた。





今から帰るのに嫌やなぁ~
早く帰ろ!

って思いつつ、更衣室に向かった。



着替えている時、吉瀬さんからメールが来た。



「ロックお疲れさま~
雨降ってるよ~
気をつけて帰ってね!」



たった三行のメールだけどすごく嬉しかった。





メールを返して、嬉しい気持ちのまま帰った。






家に着くと、吉瀬さんからメールが来ていた。



仕事のグチが面白おかしく書かれていた。



私も、同じように書いた。




昨日はメールを3回ずつ送り合った。




すっっごく満足できた!!






今日も頑張れる。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

流れ星

帰り、流れ星を見た!!



人生で2回目!!




本当に一瞬の出来事だった。



けど、テンション上がった!!


気付いたら
メールを打っていた。


大好きな吉瀬さんに。


『今、流れ星を見ました!!』
って。




・・・・・・




『好きな人が欲しい』

ずっと思っていた。



吉瀬さんを好きになったキッカケは分からない。



初めてちゃんと話した時に『この人ともっと仲良くなりたいなぁ』
って思ったのは覚えている。



その時は、まさか、こんなに好きになるなんて思わなかった。




ここ最近、一度自分の気持ちをリセットしようかと頑張ってみた。




けど、そう思えば思うほど、吉瀬さんのことばかり考えてしまう自分がいた。




買い物に行って、
服を見ている時に
『吉瀬さんは、この服どう思うやろう。』って考える。


雑貨屋でレターセットを
見ている時に
『これで吉瀬さんに手紙書きたいなぁ~』って思う。



なにかしら吉瀬さんが出てくる。



“買い物”だけでも
吉瀬さんのおかげでどれほど自分が楽しめていたのかを強く実感する。



正直、片想いってしんどい。


忍耐。我慢。根性。

そんなイメージがある。









だけど、
たったメール1通や
たった一言で

すべてが救われる時がある。


自分にとっては深刻な悩みでも
「大丈夫!」って言われたら、悩みなんてちっぽけなものに感じる。



笑顔が見れたら、心が優しく、そして温かくなる。




こうやって書いていたら

『良いことばかりやん!』
って勘違いしてしまう。





だけど、

この際、勘違いでも良い。



今、私は吉瀬さんが好きで
それが叶わない恋と分かっていても

不幸だとは思わない。




『好きな人がいる』

『誰かを想える』


これだけで幸福なんだと思う。
きっと。







・・・・・・






メールの返事は30分後くらいに来た。





「私、今まで流れ星見たことないよ!

なんか神秘的で羨ましい~o(^-^)o」







流れ星に願い事は出来なかったけど、

吉瀬さんからメールが来たから、願い事が叶った気持ちになった。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

メール

吉瀬さんにメールをしたら、返事が来るまでドキドキする。




しばらく返事がなければ
『私、変なこと書いたかな?』と送信済みのメールを読み返したりもする。



そこで
『この言葉がアカンかったかなぁ・・・』
とか反省したりする。




だけど、吉瀬さんから返事が来たら、舞い上がって
『メール送って良かった~!』
って気持ちになる。




この一連の流れは結構パワーを使う。






だから自分にパワーがない時は、送らないようにしている。

といっても、なんやかんやで1日1回はメール送っているけど。


特に仕事の日は帰ってからメールするのが日課のようになっている。






・・・・・




昨日は仕事で精神的にクタクタになり、吉瀬さんにメールするパワーさえ残っていなかった。




『メールして、返事が来なかったら、もう立ち上がるパワーは残っていない・・・』
って思った。





だから、考えた末
『今日は止めておこう』って決めた。






送らなかったら、送らなかったでしんどくなるかなぁと思ったけど、すでに疲れていた為にたいしてしんどくなかった。



だけど、
『やっぱり私が送らないと吉瀬さんからは来ないよな~~』
って思う自分がいた。



なんやかんやで、吉瀬さんのことばかり考えていた・・・・。
















そしたら
吉瀬さんからメールが来た。









「まだ仕事中ですか?」

から始まり


「今日は話す機会があまりありませんでしたね」

※廊下で一度会っただけ。

「明日は〇〇があるので今日は早く寝ようと思っています」




そんなメールだった。




すぐに返事をした。



吉瀬から来るメールはやっぱり嬉しい。







その嬉しさがあるから、

頑張れる。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



ならないと

今度、吉瀬さんは職場の人らと飲みに行く。



そのことは先週のライブ行った時に聞いていた。




メンバーは吉瀬さん含め3人で
一人は吉瀬さんと同じ部署の後輩(20代・女)。


そして、もう一人は、全然違う部署の人(30代・男)。





その後輩さんは吉瀬さんと仲が良いし、飲みに行くのも分かるけど、もう一人は誰やねん!!




名前と顔はなんとなく知っているけど吉瀬さんとは接点がないはず。



吉瀬さんも
「不思議なメンバーやろ~」と言っていた。




どうやら、少し前にその後輩さんと、そのもう一人の男と他数人で飲みに行ったらしく、そこで
「今度、吉瀬さんを誘おう」みたいになったような感じだった。


もう飲みに行く日にちは決まっていた。








今日、久しぶりに吉瀬さん&同期でお茶した時に、その飲み会の話になった。





同期は
「なんで〇〇さん(もう一人の男)と飲むん?!
何話すん?!」ってビックリしていた。



そして、その人から今日

「連絡取り合わないといけないから」
と言って、番号とアドレスを書いた紙を渡されたらしい。





そして
「飲み会って〇日で合ってる?」と早速メールが入ったようだ。



同期は「メールやり取りしてるん?!」って驚いていた。






「付き合うとか止めてや~~!!」
って言っていた。

(その人は結婚している。)







私は特に何も言わなかったけど、帰り道にイロイロ考えていたら胃が痛くなった。




もし、その人が独身としたら、飲み会がキッカケで吉瀬さんと仲良くなって、付き合うことも考えられる。



そうなった場合、私はどうなるのだろう。



まぁ、胃の痛みはこんなもんじゃないやろうな。。





「吉瀬さんが幸せなら、それでいい!!」って思える程の強さや覚悟は、まだない。




今は同じ職場だし、すぐ会える近い存在ではあるけど、
今後、吉瀬さんの恋愛を近くで見なければいけなくなる時が来たらキツイなぁ。って今回のことで思った。







吉瀬さんには本当に本当に幸せになって欲しい。

「幸せやな」っていっぱい感じて欲しい。


これは本心。












職場で吉瀬さんに会う度にテンション上がって、モヤモヤが吹き飛ぶ。



吉瀬さんから貰ったマフラーをしたら、どんなに寒い通勤でも辛くない。



同期が面白い話をして、吉瀬さんが心から笑っている場面を思い出すと、幸せな気持ちになる。





私はそんな風に日々、吉瀬さんから幸せをいっぱいもらっている。




だから、吉瀬さんが幸せになるなら・・・

私は胃を痛めている場合ではない。





いつか
「恋人が出来た」って言われたら


『良かったです』
と心から言えるようになりたい。



そうならないといけない。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

聞いてもらう

資料室で吉瀬さんと一緒になった。






職場の人間関係のことで、吉瀬さんに聞いて欲しいことがあって、
少しだけ愚痴るつもりがカナリ愚痴ってしまった。



同じことを相手に伝える時、言い方ひとつで相手の受け取り方って変わってくる。
と私は思う。





『なんで、そんな言い方されなアカンのやろ』とか
『それ、別に言わなくていいやろ』
って思うことが続いて、ついつい吉瀬さんに愚痴ってしまった。





吉瀬さんは黙って聞いてくれていた。

そして

「きっと、“こう言ったら相手がどう思う”とか考えられへんのやろうね。

だから思ったことをそのまま言っちゃうんやろうなぁ・・・。
残念やなぁ」

って言ってくれた。





吉瀬さんは、やっぱり相手の気持ちを考えられる人。

吉瀬さんに何か言われると、私の心にスーッ入ってくる。そして心のもやもやが無くなる。



愚痴を聞いてもらえてスッキリした。






なるべく愚痴らないように心掛けているけど
吉瀬さんを前にしたら、聞いて欲しくてたまらなくなる。



吉瀬さんだから、話したくなる。






にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

たとえば

たとえば


吉瀬さんに『今日は遅くなりそうですか?』とメールしたら

「もうすぐ終わるよ」と返事が来る。



とか



一緒に帰って、駐車場で少し立ち話をして
『お茶しません?』って誘ったら
「いいよ」と答えてくれる。



とか




吉瀬さんの車の助手席に乗って、店に向かい、店では閉店間際までいろんな話をする。




とか




お茶が終われば、また助手席に乗って、職場の駐輪場まで送ってもらい『また明日』と言い合ってバイバイする。



とか




帰って、お礼のメールをしたら、吉瀬さんからも「ありがとう」と返事が来る



とか。





これまで、同じような流れは何度もあった。




だけど、今はこれまで以上に嬉しい。



吉瀬さんとのやりとりが嬉しくてたまらない。











『もう、今までのように仲良くしてもらえないかもしれない』
と落ち込んだ時もあったけど、やっぱり吉瀬さんは変わらなかった。






好きな人と過ごせるって、こんなに幸せなことなんだなぁ~
と吉瀬さんから教わった。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。