ロック日記

今年こそは、両想い! と意気込むアラサー♀の日記です
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月
ARCHIVE ≫ 2013年05月
      

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

忙しくなりたい

相変わらず吉瀬さんは忙しそう。


逆に私は残業もなく落ち着いている為、吉瀬さんのことばかり考えてしまっていた。


廊下や資料室で会えないと寂しさが増した。


こんなことなら、私も忙しい方が良い!!
って思っていた。


忙しかったら、考えている暇もないし。



吉瀬さんのことが好きだから、同じ職場なのに、全く会えなかったらモヤモヤしたりイライラしたりする。



なんでこんなに吉瀬さんのことが好きやねん!!
って自分に腹が立っていた。

(+_+)


・・・

『今日は吉瀬さんのことを考えないようにしよう!』
と決めて出勤した。




そんな日に限って、吉瀬さんと関わる用事が発生する。


用事といっても
吉瀬さんに資料を渡すだけ。



吉瀬さんの席に行って
『これ、お願いします!』とサッと渡した。



「ありがとう!」と吉瀬さん。




その吉瀬さんを見たら、テンション上がり過ぎて、軽く眩暈した。



『いえ!』と言って、ササーッと席に戻った。




やっぱり吉瀬さんと接したらドキドキするなぁと実感した。




まだ暫くの間、吉瀬さんは忙しい日々が続くと思う。


落ち着いた頃に仕事帰りにお茶したいなぁ。




その日を目指して、進んでいくしかない。






下向きなことを考えるくらいなら吉瀬さんを笑わせるようなネタを考えよう。






にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

会いたくなる

昨日は休みだった。

夜、職場の人らと食事に行った。


メンバーには吉瀬さんも同期もいない。



基本、吉瀬さん&同期の二人以外の職場の人らにはすごく気を遣う。


だから解散した後、ホッとするし、ドッと疲れが・・・。



そして、吉瀬さんに会いたくなる。








一昨日は職場で吉瀬さんに会ったのは、私が残業を終えて帰る時だった。


廊下で会って

「なんか今日、一回も会ってないよね?!
すごい久しぶりって感じがする!笑」

って吉瀬さんに言われた。

『ほんまですね!』って返した。



吉瀬さんはまだまだ終わる気配は無くて、忙しそうだった。




家に着いてから、
『気をつけて帰って下さいね』とメールした。





返事は翌朝来た。



「ぐっすり寝て、朝はパッと起きれたよ!
今から○○に行ってきます!」

○○→習い事



私はまだ布団の中だった・・・。




相変わらず吉瀬さんはアクティブというか・・・。



吉瀬さんを見習って、私も起きた。






仕事が休みなのは嬉しいけど、吉瀬さんと一日会えないのはやっぱり寂しい。




そして、吉瀬さんじゃない職場の人と会うと
吉瀬さんに会いたい!って強く思う。



今日は、少しでも吉瀬さんに会えますように。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

またいつもの日々

吉瀬さんと過ごせた休日が終わり、またいつもの日々が始まる。


吉瀬さんは更に忙しさが増している感じがする。


全く会わない日もあるし。


吉瀬さんに話したいことがあっても話せないのはツライけど、しょうがない。



そんな中、ノートが完成した。

いつ、渡せるか分からないけど、とりあえず鞄に入れて出勤した。



そしたら、なんと!

一緒になることがほとんどないのに、駐輪場で吉瀬さんに会った。


※駐輪場と駐車場はほぼ同じ場所にある


『吉瀬さーん!』

「おはよう!」

早速、ノートを渡した。

『これ、いつものやつです』


「ノート?ありがとう!」

喋りながら、一緒に歩いた。


会社に向かっているはずなのに、吉瀬さんと歩けることが嬉しくてたまらなくて、自分がどこに向かっているのか分からなかった。


・・・・

席に着いていつものように仕事を始めた。


数分だったけど、吉瀬さんと話せて充電出来たからスムーズに進んだ。




ノートも、こんなにすぐ渡せると思わなかったから嬉しかった。


ノートの最後に
『本当に私は吉瀬さんが大好きです』と書いた。


同じようなことはこれまでのノートにも書いている。

だけど、吉瀬さんへの気持ちはどんどん高まっているから、今回の『大好きです』はこれまでで1番だ。








今、思うこと。

何より、早く吉瀬さんの仕事の忙しさが落ち着いて欲しいなぁ。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

やっぱり好きやわぁと実感した日

「着いたよ~」

待ち合わせの10分前くらいに吉瀬さんからメールが来た。



待ち合わせは駅の改札。
人がいっぱいいて、見つけられない。


改札は北口、南口、中央口がある。


勝手に中央と思い込んでいたけど、もしかしたら、違う改札かも!
と思った。

とりあえず電話した。


出ない!!!!



って思っていたら、吉瀬さんがすぐ後ろにいた!!




大好きな吉瀬さんと会えた!!!



すごく久々な気がした。




そして、最近オープンした服屋さんに一緒に行った。




その服屋には前から行きたかった。
次の休みに行こうと決めていた。
吉瀬さんは他に予定があった為、本当は私ひとりで行く予定だった。



だけど、その予定がなくなったと前日職場で聞いた。

その時はお互いバタバタしていたから
『そうなんですか~』くらいしか返さなかったけど、帰ってから、さりげなく『一緒に行けたら嬉しいです』ってメールした。



そして、一緒に行けることになった。



服屋に行く前に、少しお茶でもしよう!ってなった。


けど、店は混んでいた。


天気が良く、気持ち良かったので、外にあったベンチ?みたいなとこに座った。

向かい合って座るよりも横並びの方が落ち着くなぁって思った。

そこで1時間くらい話した。


その後、行きたかった服屋に行って、計2時間ほどブラブラした。


さすがにお腹すいたので、夜ご飯の店を探した。


「串カツいいね~!」

「蕎麦も美味しそう!」

「お寿司かぁ~!」


それぞれの店の前で吉瀬さんがコメントする。


結局、イタリアンになった。


・・・・・


食べ終わると、吉瀬さんすごく眠そうだった。


ずっと残業続きで、疲れも溜まっているんやろうなぁ
って思った。

「アカン!
すごい眠くなってきた!!
ここにベッドがあれば最高やのにー!」
って言う吉瀬さん。
可愛かった。



店を出て、少しブラブラ歩いた。




いつもなら、そこからお茶する。

けど、吉瀬さんは本当に眠そうだったから

『これからどうします?
今日は早めに解散しましょうか?』

って聞いた。


吉瀬さんは
「うーん。まだ早いけど、明日も仕事やし、帰ろうかな!」
って言った。



『了解です!』とサラっと返事したものの、本当はもう少し一緒に居たかった。


けど、吉瀬さんは疲れている感じがしたし、そこで『お茶したい!』って言えば、私の単なるワガママやし、、、
とにかく明るくバイバイした。




ホームに行くと、ちょうど電車が来て、乗った。

運良く、席に座れた。

座って携帯を見ながら、
『吉瀬さんに何てメール送ろうかな~』って考えていた。


考えながら・・・
眠っていた。



携帯のバイブで目が覚めた。
吉瀬さんからメールが来ていた。


いつも私が先にメールしてしばらくしてから吉瀬さんから返事が来ていた。



特に休日に会った日は、ほぼ100%私が先に送っていた。



だから、吉瀬さんから来てビックリした。


「ロック今日はありがとう!

ロックがあの店に行かなかったら、私は一人では行っていなかったと思います。
良い一日になりました
(*^o^*)

また明日ね~」



お茶出来なくて私が凹んでいたこと、吉瀬さんに気付かれていたのかな?




まだ頭の半分はボーっとしていたけど、すぐに返事をした。



最後に
『吉瀬さんと過ごす時間は本当に楽しいです』と入れた。



メールの返信を終えると同時にくらいに電車が駅に着いた。


急いで降りた。


一つ手前の駅だった。


すぐにまた乗った。



恥ずかしかったけど、
吉瀬さんからメールが来たことが嬉しすぎて、そんなには気にならなかった。







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

短いけど

いつも短めの記事だけど
今までで1番短い記事になると思う。







今日は仕事休みだけど
これから吉瀬さんに会える。



ずっと、まともに話してなかったから嬉しい。

(T_T)




嬉しすぎて、クラクラしてきた。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

たしかな

仕事が早く終わったのでカラオケに行ってきた。

一人カラオケ。


少し久々だった。


スッとした。

声を出すってやっぱりいいなぁ~。


ヒトカラの流れとしては、
最初の受付で「一名様ですか?」って聞かれた時。
飲み物を持ってきてくれる時。

この2回はいつも気まずい。


けど、飲み物さえ来たら、あとは自由!!



そこからの30分くらいは、あっという間。


そして、1時間くらい経ったら、少し寂しくなってくる。


だけど、それを乗り越えた頃、喉の調子も良くなってきて、また楽しくなる。





恋愛の歌は
いつも吉瀬さんが思い浮かんだ。


元気が出る系の歌を歌っても私の頭の中には吉瀬さんが出てきた。



以前、♪ねこ♪さんのブログに書かれていた
“たしかなこと”を歌ってみた。



CMで聴き慣れていた曲だけど、いざ歌ってみたらメッチャ難しかった。


だけど、やっぱりすごく良い歌詞。
良すぎる。

切なくなった。


吉瀬さんに会いたくなった。


あまりにも良いので2回歌った。



歌いたかった

というよりも

歌詞を噛み締めたかった。


吉瀬さんに出会えて
好きになれて、本当に良かった。

って思った。








カラオケから出てから、吉瀬さんにメールした。


まだ、残業しているだろうと思って、短めにした。



最後に
『返事は要りませんから少しでもゆっくり休んで下さい。』って入れた。



約2時間後くらいに返事きた。

やはり残業していたようだった。


その中に
「体調の心配してくれてありがとうo(^-^)o」

と書かれていた。




たしかなこと。


それは私は吉瀬さんが好きだということ。
そして、出来ればこれからも吉瀬さんの笑顔が見ていたいということだ。




またヒトカラいこうと思う。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

次は

ここ数日、吉瀬さんはこれまでにないくらい忙しい。

毎日残業している。

もう暫く、この状態が続くと思う。



フロアや廊下をササーッと小走りしている吉瀬さんをよく見る。





昨日、廊下で会った。


「最近、ずっと小走りしてるわ・笑」


『今日も忙しそうですね』


「うん。
ロックが忙しい時、よく“まだ○○が出来てない!”って言ってたけど、あの時の気持ちが分かる!笑」



『そうなんですか!笑』



「忙しいのは嫌いじゃないけど、もう少しだけ落ち着いて欲しいな。」



『何か私に出来ることないですか?』



「うーん…。
大丈夫!ありがとう!」



『□□とか私、やりますよ?笑』

※□□→すごい簡単な作業


「あれ、30秒で出来るやん!!笑」








それだけだったけど、久しぶりに吉瀬さんと話せて、笑顔が見れて嬉しかったし、癒された。









私が忙しかった時、吉瀬さんの言葉で何度も救われた。



その言葉たちを次は私が伝えていこうと思う。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

苦手

「ロックさんから見て、私が人から嫌われる原因は何だと思いますか?
どこを直したらいいですか?」





こんな質問をされたのは、初めてだった。




○○なところ!!
なんてハッキリ言えるわけない。


もし、正直に言ったところで相手が納得するわけがないことも分かる。


人には
合う・合わないがある。


短所が長所だったりするし逆もある。



ただ、私は合わない。



それだけのこと。









『一つ挙げるなら、“そういう質問をすること”だと思います』








その人は納得していない表情を浮かべた。






・・・・




この質問をされる数日前、私はその人が苦手になった。



職場にそういう存在の人は作りたくないのに。








だけど、無理だった。







吉瀬さんを困らせるような人と合うわけがない。





職場で信用出来るのは
吉瀬さんと同期だけ。



ここ数日で改めて感じた。







相手の気持ちを考えられる人でありたい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

いっぱい

吉瀬さんにいっぱい話を聞いてもらった。


私ばかり話してた。


帰ってから、お礼のメールを送った。




吉瀬さんからの返事



「ロックのストレスが少しでも発散されていたらいいのですが
o(^-^)o」



いつも吉瀬さんは
こんな風に言ってくれる。


ホンマ優しい人やなぁ…。って思う。




優しいから好きなったのか、好きだから、優しく感じるのか分からない。



とにかく吉瀬さんは優しすぎる。









吉瀬さんと会える日も会えない日も私の心の中は吉瀬さんを好きな気持ちでいっぱいだ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

聞いてもらう

職場での人間関係が最近、ちょっと面倒くさい。


なるべく関わりたくないけど、仕事上、関わらないわけにはいかなかったりする。

そのことは吉瀬さんも知っている。

吉瀬さんに話すとイライラやモヤモヤが消えるから、よく聞いてもらっている。


昨日も、ちょっとしたことが起こった。

仕事後、更衣室で吉瀬さんにメールした。

『ちょっと聞いて下さい。・・・・・・・』

すぐに返事が来た。

数回メールのやり取りした。

直接言いたくなって、電話した。

『吉瀬さ~ん!
少しだけ聞いて下さい!』

「いいよ!今どこ?」


『更衣室です。』


「あ、仕事終わったんやね!
私、まだ会社の近くやから、戻ろうか?
話聞くよ?」


『えっ?!
ホンマですか?!
いいんですか?』



「いいよ!
駐車場で待ち合わせしよっか!」


『はい!』



・・・・・・


駐車場にはほぼ同時に着いた。

そして助手席に乗った。



・・・・・・



吉瀬さんとバイバイした後、心が軽くなっていた。



面倒なことが起こったから
吉瀬さんに会えた。



吉瀬さんに会えたのは面倒なことのおかげ。



これから面倒なことを喜ぶくらいの気持ちでいようと思った。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

撮る

コンサート前、
吉瀬さんとの待ち合わせまでの間、一人で歩いていた。

人が集まっていたから
近付いてみると・・・・





綺麗!!

生のパフォーマンス!!

感激した。



感激のまま、待ち合わせ場所へ向かった。



吉瀬さんと会って、すぐに撮った写真を見せた。



「すごい!!」と吉瀬さん。


「こういう才能って生まれつきあるのかなぁ・・・。」


『どうでしょ~』


「ロックも、実は物凄い才能あるかもしれないね!」

『なんか才能があったら嬉しいです!』


「どんな才能がいいかな~」





そんな会話が嬉しかった。










コンサート後に撮った写真。






みんな携帯でパシャパシャ撮っていた。

私も撮った。







携帯で写真はほとんど撮らないけど、これからいろいろ撮っていきたいって思った。


特に吉瀬さんと出掛けた時は。


写真を見る度に吉瀬さんを想えるから。






にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

望むこと

家に居ても、ソワソワして落ち着かないから早めに家を出た。


そして一人でブラブラして、吉瀬さんへのレターセットやノートを買っていた。



・・・・・


吉瀬さんとコンサートに行ってきた。



待ち合わせ時間の5分前くらいに吉瀬さん来た。

吉瀬さんの姿を見たら、いつものように一気にテンション上がった。



開演までの時間、お茶した。


これから楽しいコンサートが待っているのに
既にこんなに楽しくて良いのか・・・・?
って不安になるくらい、楽しかった。


待ち合わせから約2時間後、コンサートは開演。


やはり、吉瀬さんといくコンサートは特別。


隣に吉瀬さんがいてくれて、好きな音楽を生で聴けるなんて最高の贅沢だと思った。




コンサートの後は
ご飯を食べに行った。


お酒を飲んで、さらにテンション上がった。


コンサートで、印象に残っている歌詞があった。





“君の心が、悲しみの海の底に沈んだら、僕はダイバーになってどんなに深くても見付けにいく”






その歌詞が忘れられなくて・・・・



『もし、吉瀬さんの心が悲しみの海の底に沈んだら、私はダイバーになって見付けに行きますからね。』
って言った。



吉瀬さんは
「ん!?なにそれ!?笑」って笑った。





『歌詞で気に入ったので!』って言ったら

「そんな歌詞あった!?」と吉瀬さん。


二人で笑った。



吉瀬さんと話していたら
本当に楽しくて、料理も美味しくて。



私は吉瀬さんのことが大好きで、出来れば吉瀬さんの恋人になりたい。


だけど、吉瀬さんがそうではなく、今のような友達の関係を望むなら私はそれを優先したい。


大好きな吉瀬さんの笑顔をこんなに近くで見れるなんて、私はどれだけ幸せ者なんだろうって思うから。



吉瀬さんを好きになってから、ずっと恐れていることがある。

それは吉瀬さんを失うこと。
吉瀬さんとの関係が崩れること。



吉瀬さんを好きだという気持ちに嘘はないし、きっとこれから益々好きになるだろう。

吉瀬さんは本当に魅力的だから。




私は吉瀬さんを好きになってから、少し強くなった。


やっぱり誰かを好きになれば、強くなれるもんだ。



はぁ・・・

なんか書いていることがよく分からなくなってきたなぁ。




とにかく、
これからも吉瀬さんに恋をしていたい。
って思う。


吉瀬さんに恋をしている自分が好きだから。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

反応

先日、吉瀬さんと同期でご飯を食べに行った。




私らの隣のテーブルに4人座った。
そのうちの2人が明らかに
カップルだった。

あとの二人は50代くらいの夫婦で、私の予想ではそのカップルさんのどちらかの両親。



私は前に座っている同期や横に座っている吉瀬さんを見つつも、隣のテーブルが気になってしょうがなかった。


ちらちらと見てしまい、
手前に座っていた少しボーイッシュな方と何回も目が合った。


※二人ともメッチャ美形!!!!



ブログを読んでいると「ゲイダー」って言葉が出てくる。


私は、今まで
そんな感じたことなかったけど、その時は感じまくった!!



まさに『私のゲイダーが反応した!!』のだ。



嬉しかった!!







このカップルさん、ブログ書いてそうやな~
って思った。




『ブログ書いてます?』って聞きたかった。





もしかしたら、私が(一方的に)知っているブロガーさんかもしれへんな~って思ったりなんかもした。




いろいろ考えていたらテンション上がった。






私らの方が早く食べ終わり、先に店を出た。





すごく気分が良かった。






帰ってから、
『もしかして…』と少し気になっていたブログを読んだけど、違っていた。





そもそも住んでいる所が違っていた…。




けど、嬉しかったなぁ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

また

数字を合わせていた。


何回、電卓を叩いても合わない。


『なんで合わへんの?!』と気持ちが焦る。



もう一度、最初からやってみる。



やっぱり合わない!!



時間だけが過ぎる。焦る。




気分を変えようと、一回席を立ち、廊下を歩く。





吉瀬さんが前から歩いてくる。


まさに奇跡!!



吉瀬さんと少しでも話して、パワーを充電したかった。



『吉瀬さーん!!』




「おっ!ロック!忙しい?」


『今、計算してて、何回やっても合わないから、ちょっと休憩です。』



「なんの計算?」


『○○です。』



「あれか~。ややこしいな~。
一度、私がやってみようか?」



『え!?
いいんですか?』



「いいよいいよ!持ってきて!」





部が違うのに、
私はお構いなしに吉瀬さんに渡した。





・・・・・・



約5分後、
吉瀬さんが私の席に来た。




小声で言われた。
「ロック!ちょっとこっち来て。」



『あ、はい!』




周りに人がいないところに吉瀬さんは私を呼んだ。





そして
「ここの数字が違ってたから、ここを変えたら、あとは合うから大丈夫!」
って言った。



私が打ち込んでいた数字が違っていた。


何回見ても、気付かなかったところだった。



『全然分からなかったです。
助かりました!

本当にありがとうございます!』
って言った。





吉瀬さんは
「私も何回も計算したよ!!
合わないのは悔しいからね!!」
と言った。






決して
間違えていた私のことを責めることなどしないで。





「ロックの打ち込んだ数字が違ってたでー!」

ではなく

「ここの数字が違ってたから・・・」

って、サラッと流してくれた。



そして、5分くらいで持ってきてくれたのに


「何回も計算した」って…。


きっと、すぐに気付いたはずなのに。








吉瀬さんの優しさをまた感じた。




お礼を言ったら


「いいよ!」

って言い、ササッと席へ戻って行く吉瀬さん。






また吉瀬さんに助けてもらった。





明日も仕事頑張ろう。


いつか吉瀬さんの役に立てるようになりたい。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。