ロック日記

今年こそは、両想い! と意気込むアラサー♀の日記です
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

読んでもらえるって嬉しい

昨晩、友達からメールが来た。



その友達はBarの店長。


“ロック日記を読んでいる人が今、店に来ているよ”
という内容だった。




ビックリしたし、嬉しかった。






引き続き、友達からメールが来た。



「“吉瀬さん、もうちょい誘ってみよ!”
とおっしゃってます・笑」





あ、はい…!





前に断られてたら、少し躊躇っていましたが…

頑張ります!!





そして、


「“手くらいに握ってもイイと思うよ”
とおっしゃってます・笑」






えぇ~~~!!




手を握るって…。


(☆_☆)



吉瀬さんの反応が怖い…。








だけど、もし、機会があれば、やってみようかな…。






こうやって色々言ってもらえて、ヤッパリ嬉しかった。




私が動かないと何も変わらないから、動こうと思った。











ブログを読んでもらえていることだけでも嬉しいのに、間接的だけど感想(アドバイス?)が聞けて嬉しかった。









「ガンバレ!」って背中を押してもらえたような
そんな感じがした。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

真ん中

映画のチケットは同期が持っていた。




渡されたチケットだと吉瀬さんは真ん中だった。





吉瀬さんが最初に行き、
「ここの三つの席やんな?」と言って、私の番号の席に座った。




私が『えっ!?』って感じになっていたら
吉瀬さんは
「ロックが真ん中・笑」
って言った。



私は
『えぇ~~!真ん中嫌やのに!!』って言いながらも吉瀬さんの隣が嬉しかった。





映画はあっという間に終わった。



映画自体、面白かった。
さらに大好きな吉瀬さんと観れたってことで、また忘れられない映画になると思う。








映画の後は軽くお茶をして、ショッピングモールへ移動。








いつものように、みんなそれぞれ見たい物を見る感じで別行動した。






別行動をして1時間後くらいに、吉瀬さんとバッタリ会った。



ちょうど迷っていた鞄を吉瀬さんに見てもらった。


『これ、どう思います?』



「なんかロックっぽい鞄やなぁ~・笑」




『私っぽいですか?』




「これに似たの持ってなかった?!」




『持ってますわ…。
じゃあ、こっちは!?』




「うーん。悪くはないけど…。さきの鞄よりはマシかな?」



『“マシ”って…笑』




吉瀬さんは笑っていた。




吉瀬さんとのやり取りは本当に楽しい。


私はずっとヘラヘラと笑っている。







買い物の後はご飯を食べに行った。




三人でワーワー話して、スッキリして解散。








吉瀬さんがまた好きになった。






・・・・・




映画の途中、同期がお手洗いへ行った。






吉瀬さんが
「○○はトイレ?」
って小声で聞いてきた。


右を向くと吉瀬さんの顔が近くて、ドキッとした。



私は
『あ、はい』って言った。






やっぱり吉瀬さんの隣の席っていいなぁって思った。






出来れば端がいいけど、
これからは積極的に真ん中に座ろうかな。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

吉瀬さんは、出会った頃から全然変わらない。



いつも優しいし、おもしろいし、魅力がたっぷりある。



私は
今までは心の中で
『吉瀬さんが好きー!!』って叫んでいた。



だけど、最近は

『吉瀬さんが好き・・・』ってしみじみ湧き出る感じ。



すごく落ち着いている。



もしかしたら、『冷めてきている』のかもしれない・・・。



よく分からない。






だけど、吉瀬さんと職場で話せたら、テンション上がる。


休みの日に会えると思うと嬉しくてたまらない。



私にオーラがあるとしたら『吉瀬さんが好きオーラ』で、吉瀬さんは感じ取っているはず。




それでも引いたりしない吉瀬さんはヤッパリ良い人だと思う。






私が諦めたら、そこで終わってしまう、この片想い。





この歳になって、好きな人に好きになってもらうことの難しさを知った。




同時に片想いの辛さや楽しさも知った。




カップルさんのブログを読んでいると両想いが当たり前のような感覚になってしまう。



告白したら必ず上手くいくような錯覚に・・・。



だけど、現実は難しい。



難しすぎて、どうでもよくなる時がある。







『ヤッパリ無理やなぁ』って100回思っても
吉瀬さんと1回話せたら、マイナスな気持ちがチャラになる。









「もう何年も恋してないわぁ」
と言う吉瀬さん。





吉瀬さんに恋されたいなぁ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

今月の初め、三人で舞台を観に行った。





舞台といえば、もちろん横並びの席。






出来れば、吉瀬さんの隣に座りたい!!



チケットは私が持っていた。


入場前、同期はお手洗いへ。





吉瀬さんに聞いてみた。

『吉瀬さん、席真ん中でいいですか?
私、吉瀬さんの隣がいいし、同期も同じやと思うんで…』





吉瀬さんは
「出来たら端っこがいいなぁ」
と言った。





『そうですか…』







同期が戻ってきた。




同期に真ん中のチケットを渡した。








舞台はすごく面白かった。




吉瀬さんの隣が良かったけど、しょうがない。









吉瀬さんが隣だったら吉瀬さんが気になって舞台に集中出来なかったやろうから隣じゃなくて良かった。




・・・って考えるようにした。








帰り、お茶をした時、
吉瀬さんが隣に座ってくれた。



嬉しかった。











今度、三人で映画に行く。




席はどうなるのか・・・。



なんかブログの内容が
席のことばかりやなぁ。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

緊張

仕事帰りにいつもの三人でお茶した。


ちなみに“いつもの三人”は吉瀬さん、同期、私。



店に入る順番は
だいたい、同期・私・吉瀬さん。


あるいは、私・同期・吉瀬さん。



私と同期が向かい合って座り、最後に吉瀬さんがどっちかの横に座るパターンが多い。


私はいつも心の中で
『吉瀬さん!隣に来て!!』って叫ぶ。



そして、吉瀬さんが横に座ってくれたら心の中で
『ヤッター!!』と叫ぶ。
表情も緩む。



逆に同期の隣に座ったら
『こっちには来ないのか・・・』って、悲しい顔になっていると思う。




まさに緊張の時!!



そして、今日は・・・


吉瀬さん、隣に座ってくれた!!!




私の方に鞄を置いたから
『今日は吉瀬さん、同期の隣か・・・』って思った。


すると着ていたコートを同期の隣に置いた。




『え!?どっち!?』

って思っていたら、私の横に座った!!



ヤッター!!


すごく嬉しくて
『今日はもう大満足!このまま帰っても良い!!』
って思う程だった。






2時間くらいお茶した。


やっぱり吉瀬さんが隣に居てくれる安心感はハンパない。



手の届かない存在の吉瀬さんが
手を伸ばしたら触れることが出来るの距離にいてくれることが嬉しい。






当たり前のように
これからも隣に座って欲しいなぁ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

早起き

昨日、残業をしていたら、吉瀬さんが用事で私の部署に来た。



『あ!吉瀬さん!』
って思って、チラチラと見ていたら、吉瀬さんは気付いてくれた。



そして、私の席まで来てくれて、少し話した。



『吉瀬さん、もう帰ります?
私、あと15分くらいで終わります』


吉瀬さんは
「私もそれくらい!」
って言った。



『一緒に帰りましょ?』
って聞いたら

「いいよ」って言ってくれた。



ワーイ!!!



急いで仕事を片付けた。





更衣室で、吉瀬さんの部署の後輩と一緒になり、三人で駐車場まで行った。



二人で帰りたかったけど、しょうがない。



そして駐車場で少し立ち話。



明日(今日)は吉瀬さんも私も早起きをしないといけないため、立ち話も早めに切り上げて解散した。





なんか久しぶりに吉瀬さんと話した感じがした。



実際は、ほんの数日しかあいていないけど・・・。



後輩の話に対して
いい感じで笑ったりする吉瀬さん。


やっぱり吉瀬さんは良いな~って実感した。










別れてから吉瀬さんにメールをした。




家に着いてしばらくしたら返事がきた。

「ロックも明日は早起き頑張ってね!」





吉瀬さんとの遊ぶ日の早起きは全然ツラクないけど、それ以外は基本ツライ。



だけど、昨日は良い日だったから今日は早起きも平気だった。



今日も頑張ろ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

それだけで

今日は吉瀬さんと一度しか会えず。





しかもお互いがバタバタしている時にフロアですれ違っただけ。




だけど、すれ違い間際
吉瀬さんは笑い掛けてくれた。




私も笑った。





それだけで十分だった。





吉瀬さんの笑顔が見れるのはいつも嬉しい。



けど、今日は
心から嬉しかった。


ちょっと泣きそうになった。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

しょうがない。

今日は仕事休みだった。

吉瀬さんも。





休みとなると吉瀬さんに会いたくなる。


今日も吉瀬さんに会いたかった。




だけど、吉瀬さんは朝から夕方まで用事があるって言っていたから我慢した。




・・・・・




夜、吉瀬さんへのメールを作った。


『会って話したいですがダメですか?』



送ろうかどうしようか
1時間くらい考えた。



“えぃ!”
って感じで送った。



約30分後に返事が来た。


「ごめん!今日は疲れたから…。」





このメールを読んだ時、
やっぱりショックだった。

メールを送る時は
『会えたらいいなぁ』
って気持ちだった。




だけど、メールを送って、返事を待っている間に
『会いたい!』
に変わっていた。



だから
ズーーンと落ち込んだ。




だけど、1時間くらい経ったら、気持ちが元に戻った。




『しょうがない!』って思えた。




こんなことで落ち込んでいたら、もう吉瀬さんを誘えなくなるし。




とりあえず、今日は吉瀬さん疲れているみたいやし
メールは控えておこう。







明日、少しでも話せたらいいなぁ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

癒し

昨日、目覚まし時計を見てビックリした!


12時を少し過ぎていた。




途中何回か目が覚めたけど、計10時間近く寝ていた…。




しかもまだ、眠れる気がした。


だけど、用事があったから起きなければいけなかった。




携帯のランプが光っていることに気付く。



どうせ何かの情報メールやろうな
って思う。





送信者:吉瀬さん






『吉瀬さん?!?!』

って思ってメールを開く。



「ロックおはよう!
今日はすごく天気が良いです!
今から○○に買い物に行ってきます。
春物の買い物が1番好きです。
では、行ってきまーす!」

そのメールは1時間くらい前に来ていた。



メールの最後に
「先日買った靴を履いて行きます!」

と書かれており

春らしい靴を履いた写真(足元の)が添付されていた。




そのメールに癒された。






『まだ私は布団の中です・・・』
と返事を送った。


そして起きた。





準備を終えて、ちょうど家を出る前、吉瀬さんにメールを送ろうと思った。




仕事関係の用事だったから気乗りしない分、起きるのが嫌だったけど、吉瀬さんのメールを読んで起きれた。


ってことを伝えたかったけど、長くなるから止めた。


とりあえず
『何か良いアイテムありましたか?』って聞こうと思った。



メール作成中、携帯の画面が
“受信中”に変わる。


『なんや?!』
って思っていたら


吉瀬さんからだった!






「ジャケットとストール買いましたよー!
あと、新しい靴で靴ずれしました。
(;_;)
これから履いていたら伸びるかなー!
ロックは、そろそろ出掛けるよね?
頑張ってね!」


って。



『今、ちょうどメール作っていましたー!
靴はきっと伸びますよー!
ジャケットとストール
どんなのか楽しみにしていますね!
では行ってきます!!』



急いで作ったから、表面的な返事になってしまった。




けど、2通とも本当に嬉しかった。




嬉しさが吉瀬さんに伝わっていたらいいけど。




好きな人からのメールは
本当に嬉しい。





吉瀬さんへメールを送る時は、いろいろ考える。

時間を掛けてメールを作る。




だけど、吉瀬さんからメールが来たら
『早く返事したい!!』って思ってしまうから
ササッと文を作って送る。


だから
送った後に『まだ言いたいことあった~』って思うこともよくある。



連続して送ったら迷惑やから送らないけど。





メールよりも電話がいいし、電話よりも会って話すのが1番だけど
ヤッパリ吉瀬さんからのメールは嬉しい。



癒される。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

三人

パソコンからブログを見たら、このロック日記を『お気に入り』にしてくれている方が増えていてビックリ!!



いつもネタは同じようなことばかりで、進展もないのに・・・

なんか申し訳ない気持ちがある・・・



だけど、嬉しい!!!





読んでくれている

イコール

応援してもらえている


って勝手に考えているから。



これからも思うことを書いていきたいと思う。





いつから好きになったかハッキリ分からないけど、
たぶん、もうすぐ片想い歴1年!!



これからも全力で片想いに励みたい!!!



片想いに励む
っておかしいかな・・・?



とりあえず、吉瀬さんとの仲をもっと深めたい。










今日、会社帰りに吉瀬さん、同期、同じ部署の後輩、私の4人でお茶をした。



同期が
[この前、学生の時の友達と会った。
いつも三人で会っていたけど、一人が来れなくて、二人で会った。
けどヤッパリ三人がいいなって思った。]
って言った。


[三人でいたら、誰かが何かしら話してくれるし。]って。



すると吉瀬さんも
「やっぱり三人が1番ラクやと思うよ。
二人やったら、気を遣ってしまう」
と言った。




それを聞いて、
吉瀬さんは私と二人きりっていうのは、あんまりなのかなぁって思った。



私は
吉瀬さんと二人で過ごせる時間が1番好き。



もちろん同期と三人とか、今日みたいに四人とかも嫌じゃないけど、二人の時間に勝るものはない。




吉瀬さんは
ワーワー話すタイプじゃないから、人数が増える程、聞き役になる。



私は吉瀬さんの話が聞きたい。


二人の時はどちらかと言えば私が聞く方。


だから二人がいいと思っている。





だけど、吉瀬さん的には三人がいいなら、これからちょっと誘いづらくなるなぁ。


『私と二人きりは嫌ですか?』
とか聞くのも、なんか重いし・・・・。





まぁ、誘うのも
ほどほどにしようと思う。





だからといって、引かないで、吉瀬さんに誘ってもらえるようにするにはどうすればいいか考えよう!!




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

参考にしている

前の記事にも書いたけど、ブログを始めた頃は、『好きなブログ』のことばかり書いていた。


それも、ブロガーさんの了解を得ずに書いていた。


そして、そのブロガーさんからコメントを貰ったら、めっちゃテンション上がっていた。






最近はブログについて全然書いていないから、今日は久しぶりに書こうと思う。





最近、好きで読んでいるのは、片想いしているブロガーさんのブログ。





密かにどんな風に誘うのとか参考にしている。





だけど、読んでいるとブロガーさんの好きな人は、そのブロガーさんのことを好きだと思う。




言葉とか態度で感じる。





ただ、その“好き”はどういった種類の“好き”かは分からない。




自分のことのように、今後どうなるか気になるし、上手くいって欲しい!!って思う。



これまで、女性と付き合ったことのない女性と付き合うって、ヤッパリそう簡単にはいかない。



『好きです』



「付き合いましょう」


には、ならないと思う。



だからこそ
長期戦を覚悟で望むしかない!!

って思っている。







まだそのブロガーさんのブログにコメントしたことないけど、いつかコメントしたいなぁ。




『応援しています!
勇気貰っています!』
って。










今日、吉瀬さんにノート渡した。


気づけば、12冊目。



だいたい1か月に1冊のペース。



吉瀬さんからしたら
「いつものノート」って感じやと思う。


新鮮味とかないと思う。



だけど、
「ありがとう!」って笑顔で受け取ってくれる限りは続けようと思う。




ヤッパリ長期戦やなぁ。




吉瀬さんに好きになってもらうには一体どうしたらいいんだろう。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ちょうど一年前

ちょうど一年前の会社帰り

吉瀬さんと同期で食べに行った。


吉瀬さんとは初めてだった。


初めてだけど、ずっと前から知り合いだったような、そんな不思議な感じだった気がする。



日が昇ってくるまで話した。




帰り間際にアドレス交換をした。




交換して以来
ほぼ毎日、メールを入れている。



勝手にメールを送っておきながら、返事がなかなか来ないことにショックを受ける時もあった。




・・・・・いや
過去形じゃなくて、今でもあるけど、頻度は減った。





今日、吉瀬さんは地元の友達とランチしていた。






晩に
『吉瀬さんの言っていた通り、部屋の片付けをしたら気持ちもスッキリしました!』
ってメールした。






吉瀬さんからの返事には

「この前ロックと迷ったけど結局入らなかった店で
ランチしましたよ!
美味しかったので、また行きましょうね!」

と書かれていた。






『どの店や?!』って思った。



だけど
吉瀬さんがその店に入る時に
“ロックと迷った店や”って思ってくれたのかな~って勝手に想像して・・・・嬉しくなった。










一年前は、まさかこんなに吉瀬さんのことを好きになるとは思わなかった。





吉瀬さんに渡すノートを書くなんて思わなかった。




ブログが、吉瀬さんのことばかりになるなんて思わなかった。




一年で、こんなに変わるものなのかな。




一年後は
今とは、また変わっていると思う。





何がどう変わっているか分からないけど
吉瀬さんの近くにいたいなぁって思う。





これからも吉瀬さんとの日々をブログに書きたいなぁ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

バタバタ

ずっと残業続きの日々だったけど、ようやく落ち着いてきた。


だけど逆に吉瀬さんがバッタバタ忙しさ。




帰り、更衣室で着替えていたら
吉瀬さんと同じ部の人が入ってきた。



少し話していたら、
その人も、ここ数日は忙しいと言っていた。


「だけど、吉瀬さんが今、うちの部で一番大変やと思うわ」
と言った。


『そうなんですかぁ・・・』



やっぱり吉瀬さん、忙しいんやなぁ。

って心配になった。








帰ってから
吉瀬さんにメールした。





しばらくして返事が来た。



「ロック、早く終わったんやね!
良かった!!
o(^-^)o」






吉瀬さんは自分のことより私が早く帰れたことを喜んでくれた。







『私に出来ることあれば、何でも言って下さいね!』
って返した。




ありきたりな言葉だけど、社交辞令ではなくて、本当に思っている。



私の言葉には
『愚痴でも何でも聞きますから!』
って意味も込めていた。



忙しい時って
ダレかに愚痴りたくなると思うし・・・。





そして

吉瀬さんからの返事には


「実は今みたいな忙しさって嫌いじゃないです
(^o^)/」


と顔文字付きで来た。




吉瀬さんは正直な人やから本心だと思うけど

吉瀬さんらしい言葉やなぁ
って思った。








やっぱり吉瀬さんのことが好きだ。






また機会があれば伝えたい。





前よりも
もっともっと好きになっている自分の気持ちを。





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

一緒に帰りたい

同じ残業でも
吉瀬さんも残業していると思えば、全然苦じゃない。


『一緒に帰れるかも!!』って希望が持てるから。




昨日は残業の途中で
用事があるふりをして吉瀬さんの席に行き
『あとどれくらいですか?』
って聞きに行った。


「30分くらいかな?」
と吉瀬さん。


『分かりました!』と言って、急いで席に戻って、仕事した。



吉瀬さんと一緒に帰りたいから!!



一緒に帰るといっても
方向も乗り物も違うから、すぐにバイバイだけど。



そして、吉瀬さんとほぼ同時に仕事が終わった。




一緒に駐車場まで行った。


そこで私が
『お茶しませんか?』って誘った。




「今日はもう遅いし、止めとこ?明日ならいいよ!」って吉瀬さんは言った。





『分かりました。』と言って、15分ほど立ち話をしてバイバイした。



お茶したかったなぁ~。
けど、しつこく言ってウザイな~。って思われるのも嫌やし。
と思いつつも、
一緒に終われたことが嬉しかった。





残業した帰り道は
自転車をこぐのもしんどい。




だけど、昨日のように残業後に吉瀬さんと少しでも話せたら、気分が違う。

スイスイと走らせることが出来る。





いつものように
『今日もお疲れ様でした』系のメールをした。







吉瀬さんからのメールに



「ロックと一緒に帰れたら、仕事の最後にホッとできます」

と書かれていた。




最初、よく意味が分からなかったけど、
私と一緒に帰ることは嫌じゃないんや!
ってことが嬉しかった。







今日も一緒に帰れたらいいなぁ~。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

全部

「ごめん!
さっきから私ばっかり話してるね!!」



吉瀬さんの、
この言葉が好きだ。






昨日、5日ぶりくらいに吉瀬さんと帰る時間が重なり、お茶することが出来た。


吉瀬さんに話したいことがたまっていた。

だけど、吉瀬さんの話も聞きたかった。



「私ばかり話してるね!」って申し訳なさそうに言う。


私は吉瀬さんの話を聞くことが好きだから
『どんどん話して下さい』って言う。



好きな人の話って本当に楽しいから。



店を出た後、
吉瀬さんの車の中で、また話す。


気付いたら計4時間くらい話していた。


「もう、こんな時間や!」って慌てる吉瀬さんも好き。



要するに
吉瀬さんといたら、吉瀬さんの言葉、全部好きになるんやなって思った。







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。