ロック日記

今年こそは、両想い! と意気込むアラサー♀の日記です
TOP ≫ CATEGORY ≫ 過去の恋愛話
CATEGORY ≫ 過去の恋愛話
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ソーダ割り日記5

今日はめちゃくちゃ寒かった〜〜!


そりゃあ1月やから
しょうがないかな…



ってことで続きを書きます。










目の前で泣いているまいさん。





「遅くにごめんね。
もう帰るね」
と言い、まいさんは帰った。



その晩は眠れなかった。




自ら“別れ”を選んでしまった。








数日後、まいさんから
連絡があった。





「かなとお母さんが会いたがっている。
顔見せてあげて欲しい」
って言われた。






複雑な心境のまま
まいさん家へ行った。






お母さんは
「久しぶり〜〜!
寂しかったわ〜!
もっと来てくれていいのに!」
って迎えてくれた。




かなちゃんは
「もうこの家に一緒に住んだらいいやん!」
って言ってくれた。






なんか申し訳なかった。








晩はいつものようにまいさんはベッド、私は横に敷かれた布団に入った。







その日、まいさんは頑張って明るく接してくれている感じだった。




私は暗かったと思う。


どう接していいか分からなかったから。







お母さんやかなちゃんにはいつも通りだったけど
まいさんに対しては明らかに不自然だった。





電気を消してから
いろいろ話していた。

他愛もない話をした。





まいさんの家に行って
二人でちゃんと話せるのは
寝る前だけだったから。






1時間ほど話してたら
突然まいさんが黙った。







(眠ったのかな?)

って思った。





まいさんは
会話の途中でスーっと眠ってしまう人だったから。









私は寝付きが悪かったからまだまだ眠れそうになかった。











「ロックちゃん…」





寝ていたと思っていたまいさんが言った。












「幸せになってね」



















いつも
「幸せにしてあげる!!」
って言ってくれていたまいさん。









私は好きで好きでたまらなかったまいさんという彼女が出来て
幸せを手にしたのに
その幸せな日々を自分で壊してしまったことにようやく気付いた。








『別れたくない』
って言いたかったけど
言えなかった。












一睡も出来ずに朝を迎えた。

翌朝帰った。






付き合った時も実感なかったけど
別れた時も実感なかった。


だから涙も出なかった。







別れてから
唯一の救いは仕事が忙しかったことだった。






余計なことを考えなくて
済んだから。












別れて半年くらい経った頃、やっぱりモテるまいさんは職場の人から告白されて付き合い出した。







それを聞いたのは
学校帰りによく行ってた喫茶店だった。









頭は真っ白になったけど
『良かったですね!』って言ってる自分がいた。

笑顔を作るのに必死だった。







一人になってから
初めて泣いた。





ようやくまいさんを
失ったことを実感した。



泣いたらスッキリするかと思ったけど
どれだけ泣いてもスッキリしなかった。



そして、私は抜け殻のようになった。



何をしていても楽しくなくて、気付けば、いつもまいさんのことを考えていた。





そして泣いていた。








失って気付いたまいさんの大きさ。








もう遅かった。

















これでまいさんとの話は
終わりです。






最後の方は
グダグダでしたが…。






今は完全に吹っ切ることが出来ました。








まいさんとのことを記事にする日が来るなんて本当にビックリです。


当時使っていた携帯には
まだメールが残っているので、今回記事を書く時にまた見ました。


その時の様々な感情が甦ってきました。





学校に通ってた頃は
まいさんのおかげで毎日がドキドキの連続でした。





まさか付き合えるとは夢にも思いませんでした。



まいさんとは
今は恋人同士ではありませんが
買い物に行ったり、たまに飲みに行ったりしています。



以前よりもお互いに何でも言える関係になりました。



まいさんには
本当に感謝してます。



まいさんと別れた後は
『もう誰も好きになりたくない』
って下向きな時もありましたが
今は本当に前向きです。




病んでいた時は
いろんな人のブログを読むことで元気になれました。



やっぱり好きな人と
一緒に過ごせるっていいな!!羨ましい!
って思いました。






ちなみに
もし私に彼女が出来たら
このブログでのろけまくりたいと思っています(笑)


もちろん
自分の気持ちは相手にちゃんと言いたいと思います。






ということで
長々と読んで頂き
本当にありがとうございました!!




拍手を頂いたり、コメントで
「続きが気になる」っていうのを読む度に
『よし!書くぞ!』
って気持ちになれました。


嬉しかったです。







書き終えた今は
また抜け殻状態です(笑)









これからは
いつものロック日記に戻りますが良ければ読んで下さい。



本当にありがとうございました。
















オリーブ姉さん

ふんわり名人知ってますよ〜!!!
初めて食べた時、
『何や、この食感は!!』って感動しました。

あれ、何個でも食べれます!!
私も大好きです!


オリーブ姉さんが
こんな私の恋愛話に興味を持ってくれたおかげで、今回は書くことが出来ました。
ハッピーエンドでは
ありませんが書けて良かったです。
自分の気持ちの整理も出来ましたし。

本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ソーダ割り日記4

今日は風が強くて
帰りはいつもの1.5倍くらい時間かかった。


向かい風の威力ってすごい!!





ってことで続きです。





付き合う前から
いつも考えていた『嫌われたらどうしよう』という不安は付き合ってからも常にあった。






付き合って約2年半が経った頃、新しい職場で働き始めた。



学校は卒業していたので
毎日学校で会っていた頃とは違って、まいさんと話す機会も減った。




仕事は忙しかった。


新しい職場で
人にも仕事にも慣れるために毎日必死だった。


まさにいっぱいいっぱい
だった。




そんな時、
まいさんは
『家においでよ。
一緒にゆっくり過ごそうよ』ってよく誘ってくれた。




まいさんの家には
学校にいた頃、よくお邪魔していた。
(ほぼ毎週…)

だから、かなちゃんやお母さんとも普通に話せるようになっていた。


お母さんは

「ロックちゃんが好きなハンバーグ作ったよ〜」

「自分の家やと思って、ゆっくりしていってね〜」

なんて言ってくれるくらい優しくしてくれたし

かなちゃんは
家に帰る時にはいつも
「次はいつ来てくれるの?」
って言ってくれるくらい好いてくれていた。


二人とも良く思ってくれているのが分かった。




付き合い出した頃は
まいさんと2人で過ごす時が多かった。


だけど、2年を過ぎたあたりから4人で過ごすのが
当たり前になっていた。




まいさんの家にお邪魔した時に4人で過ごすのは全然いいのだけど

休みの日の買い物や外食。
旅行なんかも4人だった。


恋人というよりも
家族みたいな感じに
なっていた。




私はそれに不満を感じていた。



贅沢とは分かっていても
もっと二人の時間が欲しかった。




だからといって
『二人きりで会いたい』
とは言えなかった。





まいさんから嫌われたくなかったから。




そして、自分の気持ちを正直に言えない自分に腹が立っていた。





まいさんから誘われても徐々に断るようになった。




『頭が痛いから』

『部屋の掃除をしないといけないから』

『イトコが遊びに来るから』


数ヶ月間、様々な理由で断った。


理由を考えることが
しんどかった。



断られるまいさんの気持ちなんて考えていなかった。


とにかくその頃は全てにいっぱいいっぱいで余裕がなかった。(言い訳だけど…)


会う回数ががくんと減った。





そんな時、職場の人から

「男友達で紹介したい人がいるんやけど、どう?
ロックさんって彼氏いないよね?」

って言われた。



もちろん断った。



とりあえず
その日の晩、電話でまいさんに伝えた。


まいさんは
「会うの?」って聞いた。


私は
『会うわけないですから』って答えた。


まいさんは
「私に遠慮しないでね。
私はロックちゃんの行動を制限したくないし。」
って言う。



『まいさんは私の彼女なのに…。
私のことが好きなら止めてほしい。』



「好きやからこそ止めない。“独占”と“好き”は一番遠いところにあるもん」



『私はまいさんの気持ちがわからない。』





そんな感じで
お互いに噛み合わないまま電話を切った。




その後
3日ほど連絡しなかった。



まいさんとは
付き合った当初から
毎日、眠る前に電話をするのが当たり前になっていたから
3日電話しないなんて初めてだった。



私は
『もう、どうなってもいいや』って気持ちだった。




4日目の晩、まいさんが
突然家に来た。



(学校を卒業してから私は、まいさんの家から車で15分くらいのところで一人暮らしをしていた。)



「なんで電話してくれなかったの?」
って言うまいさん。


『いろいろ忙しくて…』


数秒間の沈黙の後
まいさんは言った。




「…もう別れた方がいい?」





まいさんは
付き合ってから一度も
“別れ”を口にしたことはなかった。




私からは何度かあった。
もちろん本気ではなかったから言えた。
「別れたくない」ってまいさんが言うのが分かっていたから。





その度に
「“別れる”とか簡単に言わないで!」って本気で怒られていた。




そんなまいさんの口から
出た“別れ”の言葉。





それを言わせてしまった私。














『…そうですね。』









私は別れを選んだ。





まいさんと別れたら
楽になれると思った。








ずっと憧れ続けた大好きなまいさん。

そんなまいさんが目の前で泣いている。



私は自分がどうしたらいいのか、どうしたいのか分からなかった。





ただひとつ分かっているのは
そのまいさんの涙の原因は私だということだった。







ってことで
あと少し続きます…。



良ければ読んで下さい。








アルさん

コメントありがとうございます!

動悸までさせてしまい
ごめんなさい!

読んで頂き『爽やか』なんて言ってもらい嬉しいです。
ただ今回からは 爽やかさのカケラもないと思いますが…汗

いつもありがとうございます!




オリーブ姉さん

今日、ブラックサンダーとチョコボールのチロルチョコを買いました〜!!
しかもチョコボールはピーナッツの方を買いました!!
メッチャ偶然で嬉しかったです!!


ナイススティックは
透明の袋でピンク色の文字で『ナイススティック』って書いてます!
練乳クリームです!多分、その味しかないはずです。
良ければ、ぜひ(笑)

また何かオススメあれば教えて下さい!

ブログの感想をいつもありがとうございます!!

本当に毎回嬉しいです。

ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ソーダ割り日記3

菓子パンの『ナイススティック』が大好きで
3日に2回は食べている。


名前もいいけど
中のクリームがなんともいえない美味しさ。



あれを作った人にお礼を言いたい。




ってことで
続き書きます!!






翌朝、早くに目が覚めた。

隣にはまいさんがいる。



やっぱり信じられない。



まいさんをギュッと抱きしめる。


温かい…。



ずっと憧れていたまいさんを今、抱きしめている…



『あぁ…幸せ…』


思わず言葉にしてしまう。




「私も…」
まいさんが言った。


まだ眠ってると思っていたから少し驚いたけど
嬉しかった。



本当の幸せはこういうことをいうんだろうな〜
って思った。




そして朝ご飯を頂いてから帰宅した。




今に着いた時、ものすごい睡魔が襲ってきて
夜まで爆睡!!




起きた時に
まいさんからメールが
届いているのに気が付いた。

そこには

「女の人とは初めてだったから抵抗あるかも…って気持ちがあった。

だけどすごく感動したよ。性別は関係ないんやね」

と書かれていた。



『昨日のことは夢じゃなかったんや…』って思った。









まいさんとは毎晩電話をした。


試験前は電話で問題を出し合った。



私の成績は
まいさんのおかげで急上昇。


気付いたら一桁の順位に
なっていた。


愛の力ってすごい!笑





まいさんは本当に優しくて、常に私の気持ちを汲んでくれていた。





学校帰りには
いつも喫茶店でお茶をした。

付き合って3か月くらいの時、お茶しながら
『付き合う前にまいさんから貰ったメールはほとんど保護している』
って言った。


まいさんに私の携帯を
見せながら

『このメールを貰った時は本当に嬉しかったです。』

『このメールを貰った日はドキドキして眠れませんでした』

『このメールは…』

って感じで1通1通の
貰った時の心境を言った。

別に“読ませて”とも
言われていないのに…。



優しいまいさんは
うん、うん
って聞いてくれている。



全てのメール受信時の私の気持ちを説明した。

10分くらい掛けて…。
(ながっ!)





最後に
『これだけ大好きだった人と一緒にいられるなんて
幸せすぎますよーー!!』
って言いながら
まいさんを見た。





「嬉しい。そんなに想ってくれてありがとう。」って言うまいさん。





まいさんの綺麗な目からぽろぽろと大粒の涙が流れていた。








付き合った当初は

『まいさんが私のことを
好きな訳がない』

とか

『まいさんには私なんかよりも他の人が合うんじゃないか…』

とかって思っていたし、
よく口にしていた。


その度に
「私の気持ちを信じて欲しい」って言われていた。



まいさんのことが好き過ぎて、苦しかった。


人生で味わったことがない感情だった。


そんな自分に戸惑っていた。


まいさんからは
「私から離れることは絶対にない。」
と言われた。





まいさんのおかげで
普通の毎日が幸せな毎日に変わった。


『生きていて良かった』
って何度も思わせてくれた。



付き合って1年目の日
『1年経ちましたね!』
って言うと

「まだ1年か〜。これからもずっと一緒にいようね」
って答えるまいさん。




クラスの人間関係で悩んでいたら
「ロックちゃんのモヤモヤとかイライラは全て私が引き受けるから。
何でも吐き出して。
ロックちゃんには笑っていて欲しいから」
と言ってくれるまいさん。




『私といて楽しいですか?』
って聞くと
「ロックちゃんじゃなかったら楽しくないよ!!
私がロックちゃんを幸せにするから!!」
と言うまいさん。





『私がもし、まいさん以外の女の人を知りたいって言ったら嫌ですか?』
って聞くと
(最低な質問やな…)

「嫌や。そんなん考えたくない。考えないで。」
って抱きついてくるまいさん。




カラオケに行った時
歌が抜群に上手いまいさんに向かって
『まいさんの(お酒)少しもらいまーす』って言って
まいさんのお酒に手を延ばした。

まいさんは
「だめぇ〜〜」と意地悪な感じで言い
自分のお酒をグビグビ飲んだ。

私が『下さいよ〜』
ってまた言ったら
突然キスされた。

そして口移しでお酒をくれた。

頭は何が起こっているのか分からなかった。





そんな感じで
いつも、まいさんにはドキドキさせられていた。



まいさんは私にとって本当に生きがいみたいな存在だった。





まいさんからは
愛する喜び、愛される喜びを教えてもらった。
(なにかの歌詞みたい…)







けど、
そんな幸せな日々を自分の手で壊してしまった…。







ってことで続きます。













S。さん

コメントありがとうございます!!

S。さんも休日の出勤好きなんですね〜〜!
私も平日休めるのが嬉しいです!


「ウキウキするドキドキする」とか言ってもらえて嬉しいです。


今後はドキドキはなくなりますが…涙

是非読んで下さい!!

ありがとうございました!






オリーブ姉さん


コメントありがとうございました!

前回の記事は書いていてかなり照れ臭かったです。笑
読んでくれてありがとうございます。

それに本当にいろいろ話してくれて嬉しかったです。

全ては繋がっているんですね。
オリーブ姉さんから言われたら、そう思います!
いつも嬉しい言葉をありがとうございます!!





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ソーダ割り日記2

今日は仕事だった。


祝日の出勤は好き。



平日よりも
『働いてる〜!』って感じがするから…。




ってことで続きを書きます。





まいさんの家に泊まることにした。



風呂から上がりお酒を飲む。



0時過ぎまで話した。





かなちゃんは
まいさんのお母さんと一緒に1階の部屋で寝た。






まいさんの部屋は2階。





白を基調としたまいさんらしい部屋だった。




まいさんはベッドの横に
布団を敷いてくれた。




「ロックちゃんはどっちで寝る?」
と聞かれて、
布団派の私は迷わず布団を選んだ。




まいさんはベッドに入る。



私は布団へ。


またいろいろ話した。





朝から会ったし、日中は走り回ったし、お酒も飲んでいたから眠いはずなのに
緊張で眠気が来ない…。





まいさんは
「電気消すね」と言って
消した。





部屋は暗い。



真っ暗ではなく
カーテンから外の明かりが少しもれていて薄暗い感じだった。



少しの沈黙。






私は
『まいさん。
嫌じゃなければ、こっちに来ないですか?』
って聞いていた。




まいさんは
「うん」と言って横に入ってきた。




同じ布団に入っている。



大きい布団だったから
二人並んで寝ても十分な余裕があった。






ずっと憧れ続けていたまいさんがすぐ横にいる。





そして布団の中で
どちらともなく手を繋いだ。




これは夢?
って思った。




今、私の横にいるのは
あの憧れのまいさんだよな?




ちょっと待てよ?




そのまいさんと手を繋いでる?




どういうこと?





これが現実な訳がないよな?




私は誰?





もう頭は大パニック!!









なのに

そんな私がまいさんに
言った。



『まいさん…キスしていいですか?』












次の瞬間には
もうキスしていた…。









女の人の唇は柔らかいと
様々なブログで目にしていた。(笑)



本当に柔らかかった。





女の人との初めてのキス。





憧れ続けたまいさんとの。












もう、キスだけでは
収まらなかった。





そして
まいさんと結ばれた。





身体だけではなく
心も結ばれた。





ってことで続きます…。



読んで頂きありがとうございました…照












S。さん

私もMeltykiss好きですよ〜!!
一箱ペロっと食べてしまいます!笑

S。さんもチョコが好きなんですね〜〜!

最近はいろんな種類が出て、買う時、めっちゃ迷います。

コメントありがとうございました!!

お菓子に反応してくれてカナリ嬉しかったです!笑




オリーブ姉さん


コメントありがとうございます!!


まいさんは
かなり積極的でしたよ〜。

まいさんの行動にはドキドキしっぱなしでした。

私がドキドキしている姿をまいさんは楽しんでいる感じでした。


毎回毎回コメントしてくれて本当にありがとうございます!!


大イベントに私も感動しました。
オリーブ姉さんの嬉しさが文から伝わってきました。

教えて頂きありがとうございました!!








にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ソーダ割り日記

今日から
水割り日記の続きを書いていきます。


まいさんと付き合ってからのことです。



良ければ読んで下さい。






まいさんが彼女になった。

実感が沸かない。



相変わらず授業中はまいさんを見ていたし、憧れの存在には変わりなかった。






付き合うってなってから
1週間後くらいにまいさんの子どものかなちゃん(仮名)と初めて会った。


まだ5才なのに
「ママがいつもおせわになっています」と言うかなちゃん。

小さくて可愛い!!


(まいさんは本当にママなんや〜)
って改めて感じた。



3人で自然が多い広場へ。


かなちゃんと一緒に走り回った。

昼は、まいさんの手作り弁当を食べた。


幸せなひとときだった。


15時くらいになり
ハシャギ過ぎたかなちゃんは眠たくなっていた。


まいさんは
「家でゆっくりしない?」と言った。

かなちゃんは
「やったー!来て来て!」
と嬉しそうだった。


そして
まいさんの家に向かった。


まいさんの家に到着。


大きな家で綺麗に片付いていた。


緊張した。


これが憧れのまいさんの家か…
って。


しばらくして
まいさんのお母さんが仕事から帰ってきた。



かなり緊張!!



挨拶すると
「ゆっくりしていってね〜」って笑顔で言ってくれた。

すごい感じのいい明るいお母さんだった。




ちなみに
まいさんは、旦那さんと別れてからはお母さんとかなちゃんの3人で暮らしていた。

まいさんのお父さんは
まいさんがまだ10代の頃に病気で亡くなった。

「もっとお父さんといっぱい話したかった」ってまいさんは言っていた。


話は戻って…

そのまま晩ご飯を頂いた。

食べ終わってから
ワイワイと話した。

そして、そろそろ帰ろうと思っていたら

「もう遅いし、泊まって行ったら?」と言うまいさん。

まだ20時くらいなのに…。


お母さんも
「うちは全然いいからね〜
」と言う。



『まだこんな時間だし、帰りますわ〜』って断った。


初めて家にお邪魔して
いきなり泊まるとか
図々しい感じがしたし。


帰るのが礼儀だと思ったから。




何より怖かった。


泊まるということは
一緒に寝るということだろう。


女の人との経験なんてない。


ましてや
憧れのまいさん。


『もしかしたら嫌われるかもしれない!!』って思いがあったから。



その時は、まだ手も繋いでいなかったし。



いろいろ考えたけど
『今日は帰ろう』
って結論しか出なかった。


帰る準備をしていたら
メールが来た。

隣の部屋にいるまいさんからだった。


メールを開くと

「もっと一緒にいたい。
さみしい(;_;)」

と書かれていた。



近くに
お母さんとかなちゃんが
いたからまいさんはメールで送っていたのだ。



そのメールを読んで
お母さんのところへ向かい
『すいません。泊まらせて下さい』と言う自分がいた。


お母さんは
「どうぞどうぞ!」と言っくれた。



大好きなまいさんが
一緒にいたいと思ってくれているのに
そこで帰ったら一生後悔するかもしれないって
思ったから。










ってことで続きます!!









オリーブ姉さん

コメントありがとうございます!!

運転お疲れ様でした!!

イベントって響き、好きです。
また話聞かせて下さいね!

チロルチョコですが
昨日『いちご大福』っていうのを初めて食べました。
小豆の味がして…
不思議な感じでした。

チロルチョコではきな粉が一番好きです☆

ブラックサンダーも好きですよ〜!!
あ、カプリコも好きです。

チョコレートは最近
すごく食べたくなります。

…なんかお菓子のこと書き過ぎました・笑


次もまた読んで下さい!!
いつもありがとうございます!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。